余った手作り石鹸の使い道アイデア2選

余ったハンドメイドソープの活用法

手作り石鹸余っていませんか?

手作り石鹸を作るのはとても楽しく、いろんな色や香りで作りたくなりますよね。また、使い切ってからまた作るとどうしても出来上がるのに時間のかかってしまうので、一度にたくさん作って少しずつ使うという人も多いはずです。作ったのは良いものの、防腐剤を含んでいないぶん市販のものよりも長期保存できません。保存方法を工夫するなどもできますが、せっかくならいろいろな使い道でもっと有効活用してみませんか?

もし、手を洗ったり、体を洗うくらいしか使っていない…というのなら、ぜひこれを読んで活用してくださいね。

食器用洗剤として

キッチン回りで固形石鹸を使うという人は少ないのではないでしょうか。特に、食器洗い用の洗剤はほとんどの人が液体洗剤かと思いますが、食器用洗剤にたくさん含まれる合成界面活性剤はお肌の乾燥の原因となります。そのため、食器を洗うと手がカサカサになる人も少なくありません。手作り石鹸はお肌のツッパリ感が少なく乾燥が気になりませんし、汚れはしっかり落としてくれるので、食器洗いとしても使えます。ポイントは、あらかじめ固形石鹸を目の粗いネットに入れておき、スポンジをこすりつけるように適量とって良く泡立てて使うことです。食器洗い中も自分の好きな香りでできるので気分もウキウキです。

衣類や靴の汚れ落としとして

頑固な衣類や靴の汚れ落としにも実は向いています。固形石鹸を使うことで、汚れに直接働きかけることができるのでとても汚れを落としやすいのです。

やり方は、衣類の汚れ部分を濡らして、汚れの気になる部分に直接固形石鹸をこすりつけます。そして、ナイロンネットを使ってこすり落としたら石鹸を洗い流します。その後、普通に洗濯するだけです。スニーカー等の布靴にも、このような方法で汚れを落とすことができます!

キッチンやお風呂のお掃除に

手作り石鹸はお掃除用の石鹸としても大活躍してくれます。キッチンコンロや換気扇の掃除をする場合は、歯ブラシなどに直接固形石鹸をこすりつけ磨くようにすると簡単に汚れを落とすことができます。油汚れはもちろん、ホコリなどもつきやすい場所ですが同時にすっきりぴかぴかになります。お掃除用の石鹸は泡立ちが良すぎるとふき取るのも大変なので、「作ってみたけど泡立ちが思ったより悪くて失敗した」というような石鹸の活用にはもってこいです!

芳香剤として活用する!

可愛くできた石鹸をすぐにつかうのはもったいないな…と負うのなら、思い切ってインテリアとしての活用もおすすめです。例えば、芳香剤としてベッドルームにおいたり、下着と一緒に保管したり…石鹸のほのかな香りはどんな方にも好感を持たれるはずです。注意点は、「湿気と日光に気を付けること」です。手作り石鹸は湿気と直射日光が苦手です。芳香剤として使う場合はオーガンジーなどの袋に乾燥剤(ホッカイロでもOK)と一緒に入れ、光が当たらない場所に保管しましょう。インテリアとして飾る場合も同様に、直射日光が当たらない場所に飾るのがベターです。

色々な場所で手作り石鹸を有効活用

いかがでしたか?やってみたい!という方法があったらぜひ今日からでも試してみてくださいね。

手作り石鹸  手作り石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA