作り石鹸にホホバオイルを加えるメリット

ホホバオイルを使った手作り石けんの作り方と効果

ホホバオイルとは?

皆さんはホホバオイルというオイルをご存知でしょうか?今回は、ホホバオイルの効果やt作り石鹸に入れるメリットなどをご紹介します。

ホホバオイルとは、砂漠地帯であるメキシコ・南カリフォルニアなどに生息するホホバという植物からとれるオイルです。過酷な環境でも水分を保ちながら成長することができるので栄養成分をたっぷりと含んでいます。ココナッツオイルなどより、融点が低く10度以下で固体になりますが、通常は液体なので使いやすく肌なじみもとても良いです。

通常オイルは、空気にふれると酸化していき劣化しやすいのですが、ホホバオイルは脅威の酸化安定性も持っていまっす。過酷な環境でも生き続けられるホホバからとれるオイルは、安定性がとても高く、370度以上の高温で4日間熱し続けても品質が変わらないほどです。

ホホバオイルの効果とは

それでは、ホホバオイルの美容効果とはどのようなものがあるのでしょうか。

〇お肌の皮脂に近い

ホホバオイルは、私たちの皮脂ととても似た性質を持っています。そのため、なじみがとても良くどんな肌ともマッチします。皮脂のバランスを整えてくれるので、オイリー肌の人でも乾燥肌の人でも理想の皮脂バランスにしてくれることが特徴です。

〇浸透力・保湿力が高い

ホホバオイルはお肌の皮脂ととても似ているため、浸透力と保湿力にとても優れています。もともと乾燥地帯の植物であることから、水分保持力に優れ、お肌の水分を維持してくれるのです。

〇皮膚を柔らかくする

ホホバオイルは、お肌にもともとある20~30%あるといわれているエステルという成分と似たものを持っており、なじみがとてもいいです。お肌によくなじみ皮膚を柔らかく保ってくれます。皮膚が硬くなると、ターンオーバーを遅らせる原因にもなるのでお肌を若々しく保ってくれるのです。

〇マッサージとしても使える

ホホバオイルや美容室やエステサロンのマッサージなどでも使われています。肌とのなじみがよく、お肌の炎症を抑える効果もあるのでえヘッドマッサージなどにも有効です。また、お肌が敏感な人でも安心して使うことができます。

ホホバオイルと手作り石鹸

このように、ホホバオイルにはたくさんの美容効果があり、手作り石鹸にもぜひ使用したいオイルですね。しかしながら、ホホバオイルをメインに手作り石鹸を作るのはあまりおすすめできません。なぜなら、ホホバオイルをメインで使ってしまうと固まりきらず固体になるのが難しいからです。ホホバオイルはトッピングとして使うことで、酸化を防止することもできるのであまり欲張らずに加えることが手作り石鹸を成功させるポイントです。少量加えるだけでも、しっとりした洗い上がりを実現できますよ!

ホホバオイルを使うポイント

ホホバオイルを使うポイントは、「入れすぎない」ことです。オイルの総量500gに対して大さじ1程度混ぜる程度で良いです。匂いも無臭で常温で溶けているので使い勝手もいいですよ。ホホバオイルを加えることで、石鹸の酸化を遅らせることもできるので一つは持っていたいオイルです。余ったホホバオイルは、マッサージやスキンケアなどに使えます!直射日光にあたらないよう保存すれば二年近く保存できますので、今の石鹸作りに加えてみてはいかがでしょうか。

手作り石鹸  手作り石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA