ドライハーブで簡単!手作り石鹸

ドライハーブをつかった簡単なハンドメイドソープ

ドライハーブでオシャレでかわいい石鹸を

オシャレな雑貨屋さんに置いてありそうなドライハーブが練りこまれていたり飾られている石鹸。ドライハーブやドライフラワー入りの石鹸は手が込んでいるようでとても手作りは難しいと思っていませんか?実は、びっくりするくらい簡単にできてしまうんですよ。

用意するもの

用意するものは、石鹸素地とハーブティのティーパック、そして飾りに使いたいドライハーブだけです。えつそれだけ?と思うかもしれませんが、余分なものを入れずシンプルにナチュラルな石鹸ができちゃいます。

石鹸素地はできれば粉状になっているものや細かく刻まれたものがあるといいですがなければ固形の「無添加石鹸」と書かれた石鹸を用意しましょう。できれば真っ白なものがベターです。固形の場合は少し大変ですがおろし金などで細かく削るか包丁で細かく刻んでおきましょう。

ハーブティは、あらかじめ通常よりも濃い目に煮だしておきます。石鹸100gに対して50CCのハーブティを用意しましょう。煮だしたら常温くらいに冷ましておきます。ハーブティをプラスすることで、自然な色付けと香り付けをすることができます。また、ハーブにエキスを配合することで見た目だけでなく中身もハーブ石鹸になります。

作り方

石鹸を湯せんにかけ、溶かしていきます。そこにハーブティを加えよく混ぜれば生地はもう完成です。好みの型に入れて固めましょう。そのときに、ドライハーブを飾ればかなり本格的になります。とくに、ドライラベンダーやカモミールはおすすめです。石鹸が固まった後では、うまくくっついてくれませんので必ず型入れと一緒に忘れずに行いましょう。ハーブの大きさは大きすぎて石鹸よりはみ出てしまうと使いづらくなってしまうので、大きくても石鹸のお一回りか二回りくらい小さいサイズがおすすめです。

練りこむともっと本格的に

ドライハーブが多めにあるときは、細かく砕いて生地にまぜこんでみましょう。全体的にハーブが混ざりナチュラルなハーブ石鹸が出来上がります。お部屋のインテリアとしてもよさそうですね。

ハーブ石鹸おすすめのアレンジ方法

見た目もかわいいハーブ石鹸は作り方も簡単ですが、ちょっとしたアレンジも加えやすいです。

〇香りを足す

もう少し香りを足したいときは、ラベンダーやウッド系のアロマオイルを足してみてください。ナチュラル感が増し、インテリアとしてずっと飾って置きたいくらいです。

〇形を工夫する

通常の四角い形でも十分オシャレですが、あえて丸や楕円のような形にしてもかわいいです。彫刻のような模様のある方にいれるとアンティークの石鹸のような高級感のある雰囲気にもなります。プレゼントには、小さめに作ってももちろんかわいいです!

〇ラッピングでひと工夫

おしゃれなハーブ石鹸をラッピングでもっとおしゃれにすることも可能です。ぜっかくなら、ハーブ石鹸を生かして透明の袋でラッピングしてもかわいいです。また、オーガンジーの袋もポプリのような雰囲気になってとても素敵です。ナチュラルな雰囲気に合わせて、紐なども工夫してみて下さえいね。

ハーブ石鹸は簡単でおしゃれ

いかがでしたか?ハーブ石鹸は、見た目から難しそう…手が込んでて買った方が簡単そうと思ってしまいがちですが、実はとても簡単です。市販のハーブティや石鹸素地を使えばあっという間にできてしまいます。もちろん、植物オイルから作ってもOKです。プレゼントにも最適なのでぜひお試しくださいね。

手作り石鹸  手作り石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA