ココアパウダーで手作り石鹸

ココアパウダーを使った手作り石鹸

ココアの効果とは?

ココアと言えば子供にも大人にも大人気の飲み物ですが、たくさんの効果がることをご存知ですか?ココアとは、カカオマスの実の中にある種子でカカオますからできています。そう聞くと、チョコレートでは?と思うかもしれませんが、ココアとチョコレートの原料は全く同じです。カカオマスの油脂(ココアバター)を多くするとチョコレートに、少なくするとココアとなり飲料としても親しまれているのです。

ココアに含まれる栄養素は、

・ポリフェノール

・亜鉛などの豊富なミネラル

・タンパク質

・糖質

・食満繊維

など様々あり、その健康効果は万能とも言われているほどです。最近では、ココアを配合した化粧品なども注目されています。

今回は、ココアパウダーを手作り石鹸に加えて使うたびに楽しくなってしまうような石鹸をご紹介します。

手作り石鹸とココア

ココアを手作り石鹸に加えると、見た目も香りも甘い石鹸が出来上がります。ただ、可愛いだけでなく美容効果も期待できます。

〇炎症をお抑える

ココアには、亜鉛などの豊富なミネラルが含まれており、傷を修復したり炎症を抑える作用があるそうです。

〇抗酸化作用

豊富なポリフェノールは高い抗酸化作用があり、エイジングケア成分としても注目されています。抗酸化作用とは、老化の大敵である「酸化」を防止する作用のことです。老化から守ってくれるなんて、ココアってすごいですよね。

〇リラックス効果

ココアの香りには、自律神経を整えストレスを軽減する作用があります。バスタイムで使うたびにリラックスでき使うのが楽しみになりそうです!

ココアで手作り石鹸を作ってみよう

それでは、ココアで手作り石鹸を作ってみましょう!

<基本の材料>

・精製水…170g
・苛性ソーダ…70g
・オリーブオイル…200g
・ココナッツオイル…150g
・パームオイル…150g
・ココアパウダー…小さじ2
基本の材料はこのような感じです。基本通り、オイルと苛性ソーダ水を混ぜたら型に入れる前にココアパウダーを混ぜます。このとき、必ず砂糖などが入っていない「純ココア」を使用してください。混ざりにくい場合は、お玉一杯分くらいを他の容器に移してココアを混ぜてから再び戻してよく混ぜましょう。ココア色がかわいい石鹸の出来上がりです。

ココア石鹸のアレンジ

このままでも十分かわいいココア石鹸ですが、ふと工夫加えるだけでもっとかわいくなりますよ。

〇マーブル石鹸

基本の作り方で石鹸を作ったら、お玉一杯分の生地を別の容器に移しココアを加えます。よく混ぜたら、元の生地に戻し、マーブル模様を作ります。ケーキのような見た目でとてもおしゃれで可愛い石鹸の出来上がりです。

〇二層の石鹸

上記のように石鹸生地を白と茶色と2種類作ったら、今度は二層になるように型入れしましょう。マーブル模様と組み合わせたりとアイデアは無限大です。たったこれだけなのに手の込んだような石鹸になります。

ひと工夫でさらに使うのが楽しく

ココア石鹸は普通に作って使うだけでも癒し効果や美容効果がありますが、作り方にひと工夫加えるだけでもっと特別な石鹸になりますね。プレゼントにもおすすめで相手の喜ぶ顔が目に浮かんできそうです。ココアパウダーはスーパーなどでも手に入りやすいのでぜひお試しください。

手作り石鹸  手作り石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA