初心者はまずこれ!手作り石鹸の道具セット

ヘーゼルナッツオイルの手作り石けん

手作り石けんを始めてみたいけれどなにから揃えれば良いかわからない。道具がたくさん必要でめんどくさい。そう思っている方も多いのではないでしょうか?手作り石けんには色々な材料を使いますが、それと同時にたくさんの道具も必要です。台所にあるもので代用できるものもありますが、専用のものがあったほうが良いですよね。これから手作り石けんを始めるなら一気に揃えてしまうと後が楽です。手作り石けんに必要な道具がセット販売されているのでおすすめですよ。

Cafe de Savonの手作り石けんスターターセット

Cafe de Savonでは手作り石けんに必要な道具をセット販売しています。これから石鹸作りを始める方のために最初に揃えると良いものがセットになっているスターターセットがおすすめです。スターターセットの内容をご紹介します。

・耐熱プラスチック容器×2個・・・苛性ソーダ溶液を作るときに使用します。温度計を挿しておける便利なデザインです。

・耐熱ガラスボウル(2.2L)・・・石けん生地の攪拌に使用します。サイズもちょうど良く、パイレックス製です。

・温度計×2本・・・オイルと苛性ソーダのおんどを測るときに使います。それぞれ測れるように2本セットになってます。

・スピード泡立て器・・・普通の泡立て器よりも泡だて器よりも生地が混ぜやすく飛び知りにくいです。

・シリコン製ゴムべら・・・石けん生地を型に流すときなどに使います。

・デザートスプーン・・・ステンレス製のスプーンです。苛性ソーダにも使用できます。素材の計量、攪拌などに使用します。

・スカッシースタイル(ゴーグル)・・・劇薬の苛性ソーダを使用するときはしっかり目を保護知る必要があります。

・ゴム手袋・・・こちらも劇薬の苛性ソーダを使用する際は必需品です。

・マスク・・・苛性ソーダから発生するガスを吸い込むのを防ぎます。

・サボンヌさんの手作り小冊子・・・手作り石けんの道具や材料、作り方を掲載したCafe de Savonオリジナルブックがついています。

以上の12点がセットになっています。そのほかに必要なものは、型(牛乳パックやシリコンモールド、アクリルモールドなど)、保湿箱(発泡スチロールやクーラーボックス、ダンボールなど)、新聞紙、電子量り(1g単位まで測れるものが良いです。)、エプロンです。エプロンやダンボール、牛乳パックなどは家にあるもので構いません。お菓子作りなどをする方は電子量りも持っていそうですね。

tecolo手作り石けん基本道具セット

手作り石けんの材料・道具の通販店tecoloでも手作り石けんに必要な基本の道具をセット販売しています。tecolo手作り石けん基本道具セットの内容をご紹介します。

・温度計(2本)・・・オイルと苛性ソーダの温度を合わせるための温度計。それぞれの温度を測るので2本入りです。(ケース付き)

・耐熱ガラスボウル・・・石けん生地を攪拌するときなどに使います。ガラス製で分離の状態などが側面からも一目でわかります。石けん1本分を作るのにちょうど良い大きさです。

・ステンレス泡立て器・・・かき混ぜやすく、飛び散りにくい泡立て器

・耐熱プラスチック計量カップ500ml(2個)・・・オイルや精製水を測るときに使います。

・シリコンゴムベラ・・・石けん生地を型に流し込むときに使います。

・ステンレススプーン・・・苛性ソーダを測るときに使います。

・パーパーモールド・・・使いやすい紙製の石けんの型です。

・薬匙・・・苛性ソーダ水を混ぜるときに使います。

・ゴム手袋・・・劇薬の苛性ソーダを使用する石けん作りには必需品です。

・保護メガネ・・・劇薬から目を守ります。

・マスク・・・苛性ソーダのガスを吸い込まないようにします。

手作り石鹸  手作り石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA