手作り石けんの材料スイートアーモンドオイルの効果と注意点

ハンドメイドソープにオリジナルラベルを付ける

アーモンドは「天然のサプリメント」と呼ばれるほど、その栄養素の高さが認められています。アーモンドオイルはアーモンドの実から抽出されるオイルですが、特に美容などに使われる場合、「スイートアーモンドオイル」と呼ばれています。
スイートアーモンドオイルを手作り石けんの材料として使った場合の効果と注意点を説明します。

スイートアーモンドオイルの効果

スイートアーモンドオイルの主要成分はオレイン酸が65%、リノール酸が25%、パルミチン酸が10%弱です。オイルそのものは、さらりとした軽い感触が特徴で、特に保湿力に優れたオレイン酸と角質層の水分保持力を高めるリノール酸、またビタミンEを豊富に含んでいるため、皮膚を柔らかくし、湿疹などの炎症を和らげる効果も期待できます。
石けんの材料として使うと泡立ちがまろやかになるため、高品質な石けんによく利用されています。低刺激で保湿力のある石けんとなるでしょう。
スイートアーモンドオイルはアプリコットカーネルオイルに成分構成がとてもよく似ています。しかし、スイートアーモンドオイルはアプリコットカーネルオイルよりも流通量が多いことから、手作り石けんの材料として考えた場合に値段がスイートアーモンドオイルの方が安い、というメリットが挙げられます。

スイートアーモンドオイルのデメリット

スイートアーモンドオイルはその成分構成の90%が不飽和脂肪酸であるため、柔らかく、溶け崩れしやすく、そして酸化しやすいというデメリットを持っています。そのため、石けんを硬くする効果のあるココナッツオイルと組み合わせて使ったり、出来上がった手作り石けんは早めに使い切るなどの留意が必要です。
スイートアーモンドオイルは低温圧搾で抽出されると、アーモンドの栄養成分がそのまま豊富に含まれるオイルとなりますが、薬剤などを利用して抽出されると、その栄養成分が抜けてしまいます。オイルの抽出方法によって、品質が異なるオイルであるため、肌に触れる手作り石けんの材料として使う場合は、できるだけ低温圧搾で品質の良いものを選びましょう。

スイートアーモンドオイルの鹸化価

スイートアーモンドオイルの鹸化価は苛性ソーダで134~142、苛性カリで188~200です。

どのような場面で使うと効果的か

スイートアーモンドオイルは手作り石けんの材料にとても適しているオイルの一つです。肌にも優しいオイルですので、日常的にお風呂場やキッチンなどで使う石けんを作る場合にぜひ取り入れていただきたいオイルです。スイートアーモンドオイルを材料として使った手作り石けんは保湿効果が高く、肌荒れにも効果が期待できますので、女性におすすめできる石けんとなります。

手作り石けんには欠かせないオイル、スイートアーモンドオイル

スイートアーモンドオイルは、きめ細かい質の良い泡立ちを演出するため、手作り石けんのレシピの中に登場する頻度が非常に高いオイルになります。他のオイルと混ぜ合わせて使われることが多くなりますので、手作り石けんの材料として1本家に置いておくのも良いかもしれません。オイルの流通量もあるため、手に入りやすく、値段も手ごろなのが嬉しい材料です。ただし、品質にばらつきがあるので選ぶときには留意が必要です。

手作り石鹸  手作り石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA