高保湿でウルウル肌に!ムルムルバターで手作り石鹸

ラード石けん材料

手作り石鹸は無添加で原材料にもこだわって作れるので肌のことを考えて自分で石鹸を作る方も増えてきています。石鹸に入れるオイルや材料にこだわるとお肌に良い効果をもたらしてくれる石鹸を作ることもできますね。ムルムルバターを入れた手作り石鹸もお肌によくてオススメなんです。ムルムルバターとは一体なんなのか、ムルムルバターを使った石鹸の作り方や効能をご紹介します。

高い保湿効果が期待できるムルムルバターとは

ムルムルバターはアマゾンに生息するヤシの実から採取されたオイルのことです。とても高い保湿力があるので乾燥肌の方などにオススメです。

ムルムルバターの主成分

ムルムルバターの主成分は、肌の乾燥を改善させてくれる「オレイン酸」、コラーゲンの生成にも欠かせず、肌を健康な状態にしてくれる「ビタミンA」などです。これらの成分のおかげでムルムルバターは高い保湿力があるのです。

ルムルムバターってどんなもの?

シアバターは薬局などで製品があったりと身近に感じられる方も多いでしょう。ムルムルバターは知名度でいうとまだまだシアバターには及びません。しかし保湿力や美肌効果ではシアバターに負けていません。また、ムルムルバターはシアバターに比べて体温えすぐに溶けるので簡単に塗ることができます。肌への浸透力も高いので塗った後にあまりベタつかずにすみます。

ムルムルバターの効果とは

ムルムルバターの効果で一番なのがその保湿力です。乾燥肌の方は塗ると肌を潤わせ、外部の刺激から肌を守ることもできます。天然成分なので敏感肌の方にも安心してご使用できます。ムルムルバターはコラーゲンを生成するのを助けてくれるので肌の針もよくなります。加齢により低下した肌の弾力やハリを取り戻すことができます。美白効果もあり紫外線から肌を守る効果もあります。ニキビ予防にも効果があり肌のターンオーバーを助けてくれるなどムルムルバターには肌に嬉しい効果がたくさんあります。

ムルムルバターを使った手作り石鹸

お肌に良い効果がたくさん期待できるムルムルバターで手作り石鹸を作ったら肌に良い石鹸ができそうですね。顔にも体にも使えるのが嬉しいところです。ムルムルバターで作った手作り石鹸は洗いすぎによる乾燥を防ぐこともできるので冬などの乾燥する季節や、赤ちゃんなど肌の弱い方にもオススメです。

ムルムルバター手作り石鹸の作り方

【材料】

・オリーブオイル・・・430g

・ココナッツオイル・・・100g

・ムルムルバター・・・30g

・パームオイル・・・40g

・精製水・・・230g

・苛性ソーダ・・・80g

【作り方】

①材料は正確に測る

②耐熱容器に入れた精製水に苛性ソーダを加えて混ぜる

③オイルを湯煎で温めながら全部混ぜる

④③のオイルに②の液体を加えてトレースができるまで混ぜる

⑤型に流し込み(空の牛乳パック等でも作れます)タオルなどで包み保温して1日おいて固める

⑥パックから取り出し使いやすい大きさにカットしたら2週間ほど乾燥させて完成です。

ムルムルバターでしっとり肌の手作り石鹸

ムルムルバターの手作り石鹸は保湿力が高く、しっとり美肌に整えてくれます。作り方も簡単にできるのでぜひ作ってみてください。お顔はもちろん、乾燥する冬には体を洗うとしっとり柔らかな肌になるのでとてもオススメです。

手作り石鹸  手作り石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA