簡単に500mlのペットボトルで手作り石鹸を作ろう

手作り石けんを作るときに面倒なのがたくさんの道具を準備したり、洗って片付けたりすることではないでしょうか。オイルを測るボウルや、苛性ソーダ水を作るためのボウル、混ぜるための泡立て器など色々な道具を使って手作り石けんを作りますよね。石けんを作った後の片付けはとても大変です。そんな手作り石けんならではの悩みを解決するためのアイデアをご紹介します。

捨てられるもので作る手作り石けん

手作り石鹸を作る際に道具をたくさん使うと後で洗ったり片付けたりするのが大変です。そんなときは極力手間を減らすために工夫をしましょう。例えば使用する道具を捨てても良いものにすると後で片付けるときに捨ててしまえば良いので簡単ですね。型取りに使う型に牛乳パックを使ったり、石けんの材料を混ぜる時も捨てても良いものを使用すると良いですね。そんなときにオススメなのが500mlのペットボトルです。

500mlのペットボトルで作る手作り石鹸

500mlのぺっとボトルで手作り石けんが作れるのか不思議に思うかもしれませんが実は500mlのぺっとボトルで手作り石けんを作ると失敗もしにくく作りやすく、後片付けも簡単で良いことばかりなのです。作り方はとっても簡単です。500mlのペットボトルに石けんの材料を入れていき混ぜるだけです。詳しい作り方をご紹介します。

500mlペットボトル手作り石けんの作り方

【材料】

・500mlペットボトル

・水・・・90g

・苛性ソーダ・・・45g

・お好みのオイル・・・280g(オリーブオイルやココナッツオイルなど)

・お好みの精油・・・適量

【作り方】

①500mlのペットボトルに水を90g入れます。

②苛性ソーダを少しずつ①のペットボトルに入れて、入れるたびにペットボトルの蓋を閉めて混ぜます。(中身が飛び出さないように注意します。また、苛性ソーダ水は発熱しますので、熱くなりすぎたら水につけて冷やすなどしながら混ぜてください。)

③②のペットボトルにオイルを入れます。

④③のペットボトルの口を閉めてテープなどでしっかり固定してよく振り混ぜます。(テープで蓋を固定するのは中身が飛び出さないようにです。)

⑤混ぜているうちにドロドロになってきます。粘り気が出てくるくらい混ぜ振り混ぜます。

⑥混ざったら1ヶ月ほどこのまま寝かせておきます。

⑦1ヶ月ほどたったらペットボトルをカッターなどで切り開いて中身を取り出します。

⑧取り出した手作り石鹸を使いやすい大きさにカットして数日乾かしておきます。

⑨乾燥したら完成です。

簡単で片付け不要のペットボトル石けん

混ぜる時もペットボトルを振るだけですし、片付けもペットボトルなら捨ててしまえばOKなので手間いらずですね。ボウルで石けんの材料を混ぜていると飛び散ってしまったりとよごれてしまいがちですが、ペットボトルなら蓋が開かないようにだけ気をつけて入れば汚れる心配もありませんね。手も汚れる心配はありませんが、苛性ソーダは劇物ですので念のためゴム手袋などはつけて作業してください。振り混ぜているときにペットボトルの蓋が開いてしまうと中身が飛び散って危険ですのでふたが開かないようにすることには気を使ってくださいね。

手作り石鹸  手作り石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA