界面活性剤は肌に悪い?手作り石鹸と無添加せっけんにも含まれる?

無添加せっけんと界面活性剤

「界面活性剤」は肌にも環境にも良くないもの、と考えているかたは多いのではないでしょうか?しかし、界面活性剤自体は自然に存在する物質であり、石鹸を作る上でも欠かせないものです。もちろん、無添加石鹸にも含まれています。

では、なぜ界面活性剤のイメージが悪くなってしまったのか。それは「合成界面活性剤」が出てきた影響からでしょう。
界面活性剤についての説明と、合成界面活性剤と何が違うのかについてご紹介します。

界面活性剤とは?

界面活性剤というのは、水と油のように混ざり合わない性質を持つ物質を混ぜ合わせる役割をもつもののことをいいます。混ざり合わない水と油には「界面」という壁が存在します。その「界面」という壁を界面活性剤により界面の性質を変えて(壁を壊して)水と油を混ざり合うようにしているのです。
洗剤として界面活性剤が使われるのは、油汚れを水の中に取り込み、汚れを落としているという仕組みになっています。

界面活性剤の分子には親水基(水と結合するもの)と疏水基(水と結合しない)がある特徴的な構造をしており、その構造により水とも油とも仲良くでき、水と油の仲介役まで果たしてくれるのです。

界面活性剤の役割とは

石鹸やシャンプー、ボディソープは「界面活性剤」と呼ばれ、近年ではその健康上への影響が注目されています。無添加石鹸は界面活性剤でないと考えている方が多いですが、実際には界面活性剤の一種として扱われています。

ただし、化学物質を用いた界面活性剤は「合成洗剤」のように呼ばれることが多いです。

体の洗浄から洗濯まで、界面活性剤が無ければ洗えるものがほとんどなくなってしまいます。水と油は本来混ざらない性質を持っていますが、界面活性剤が作用すると混合され、油汚れを取り除く事が出来ます。そのため、体を洗う石鹸は皮脂を落としてくれます。

界面活性剤である石鹸の短所

洗顔や手洗い、ボディソープとしても欠かせない石鹸を使うと界面活性剤として働き、余分な体の汚れを水で洗い流すことができます。しかし、どうしても界面活性剤の石鹸は必要以上に皮脂を落としてしまうことがあり、髪のパサつきや肌のカサカサ感に繋がってしまうことがあります。

実はこの短所は無添加石鹸でも起こりうるものですが、合成洗剤に属する石鹸は圧倒的にこのようなリスクが高まります。

石鹸に化学物質が使われる理由

界面活性剤の機能が強すぎることが多い合成系の石鹸ですが、そのデメリットにも関わらず多くの商品が販売されています。その背景には、化学物質を使うと製造コストも販売価格も低下するという事情があります。

石鹸の製造コストが下がることはもちろん企業にとって大きな利点ですし、安価で石鹸が手に入ることは消費者にとって嬉しいことです。そのため、合成系の界面活性剤である石鹸が1個100円前後など非常に安価で売られていることが多いです。

どの石鹸にも界面活性剤は含まれている

前述の通り、石鹸作りにおいて界面活性剤は欠かせない存在です。約5000年もの昔から使われてきた界面活性剤、それが石鹸なのです。つまり、石鹸=界面活性剤です。無添加石鹸を作る上でも重要な存在です。

界面活性剤(石鹸)には、汚れを落とすだけではなく、帯電防止や殺菌など様々な役割を果たすので大昔から活用されてきました。

「石鹸」と「石鹸でないもの」

家庭用品品質表示法では、「石鹸」と「石鹸でないもの」に分けるよう指示されています。「石鹸でないもの」=「合成界面活性剤」です。合成界面活性剤は、石油を原料として作られることが多い洗浄剤です(石油だけではなく、植物由来のものもあります)。

表示方法には、なぜか石鹸だけ特別扱いされているように感じますよね。それには理由があります。
一つは製法です。合成界面活性剤に比べて製法がシンプル(油脂と脂肪酸ナトリウムまたは、脂肪酸カリウムを煮るだけ)だからです。
もう一つは、水で薄めると界面活性作用を失うという性質を持つからです。様々な自然界の生物や環境に優しいものだということです。

合成界面活性剤と界面活性剤の違いとは

化学合成されたもの(合成界面活性剤)か、石鹸成分(油脂とナトリウムまたはカリウムを煮て出来上がるもの)かの違いです。
では、合成界面活性剤と界面活性剤(石鹸)の特徴を比較してみましょう。

合成界面活性剤の特徴

1. 石鹸に比べて洗浄力が強く、皮膚への刺激が強め
2. その強い洗浄力により、皮脂をそぎ落とし過ぎて乾燥肌の原因になることがある
3. 皮膚や髪に残留した合成界面活性剤は、皮膚バリアを壊す恐れがある
4. 成分分解に時間がかかるため、皮膚や髪の残留しやすく、また環境へも悪影響

石鹸(界面活性剤)の特徴

1. 製造過程で自然に出来上がるグリセリンには保湿効果があり、これが豊富に含まれている
2. 石鹸に含まれる脂肪酸イオンが肌に吸着し、この成分にも保湿力がある
3. 合成界面活性剤に比べて、肌や髪への細胞組織破壊の心配がなく安全性が高いといえる
4. 水に薄めることにより、自然分解されるので環境へやさしい
5. 合成界面活性剤に比べると洗浄力に劣る

合成系石鹸の危険性に関する誤解

天然の無添加石鹸と比べるとややリスクが大きいだけであって、合成界面活性剤の石鹸が非常に危険というわけではありません。商品として販売されている石鹸は、健康被害があれば回収を余儀なくされるため、企業は安全性を可能な限り高める必要があります。また、香りや保湿効果などを無添加石鹸では得られない程度まで高めた製品も合成系では作れるので、デメリットばかりとは言えません。

より安全な石鹸が増えるためには

合成系の中でも安全性が高い物質を使った石鹸は存在しますが、価格が高くなる傾向にあり、あまり普及していません。しかし、手が届かないというわけではなく、300~400円以内に収まることが多い石鹸より少し高い程度です。

消費者にとって安価な製品は生活に役立ちますが、少し高くても安全性の高い界面活性剤石鹸の需要が高まれば、企業もバラエティに富んだより安全な石鹸を発売します。消費者側が知識と情報を得て、安全性を認識しておくことが今後の石鹸商品の販売・購入にはプラスになります。

石鹸専門店の活用

界面活性剤の石鹸には無添加・合成系に関わらず、多くの商品が用意されています。量販店では製品のパッケージにある表示に頼って商品を選ぶしかありませんが、石鹸専門店に行けば知識を持つ販売員がぴったりの石鹸を選んでくれます。また、肌質に合った石鹸を実際に店内で試しながら探せることも多く、石鹸にこだわっていきたい方は専門店の利用が最適です。

まとめ

いかがでしたか?界面活性剤とはどのようなものか、そして合成界面活性剤との違いをご紹介しました。合成界面活性剤を悪者にするわけではありません。その洗浄力の高さにおいては、石鹸に勝ります。こびりついた油汚れを落とすには、洗浄力が高いほうが良いでしょうし、肌に触れるものであれば、できるだけ刺激の少ないものを使いたいですよね。
用途に応じた石鹸選びをしてくださいね。

手作り石鹸  手作り石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA