液体石鹸と固形石鹸の違いとは?特性や使い方について

固形石鹸と液体石けんの違い

「石鹸」といっても、固形・液体・粉末とその形態は様々です。そもそも、なぜそのように形態が違うのか、どの石鹸がどの用途に適しているのか知っておく必要があります。間違った使い方をすることで、肌荒れを起こしたり、うまく汚れを落とせなかったりとトラブルを起こしてしまう可能性があるからです。

お店でよく見かける「固形石鹸」と「液体石鹸」の特性や使い方などについてご紹介します。

固形と液体とでは成分が違う?!

「固形石鹸を水で溶かせば液体石鹸ができるのではないか?」とお考えの方も多くいるでしょう。しかし、固形石鹸を水で溶かしても液体石鹸にはなりません。実験してみると分かりますが、水に溶かした石鹸は、時間の経過とともにゲル状に固まります。

なぜさらさらとした液体にならないのか。それは固形石鹸と液体石鹸は全く違う成分でできているからです。固形石鹸は「脂肪酸ナトリウム」、液体石鹸は「脂肪酸カリウム」という成分からできています。

それぞれの成分の特性とは?

まず固形石鹸に使われている「脂肪酸ナトリウム」は、油脂と水酸化ナトリウムを混ぜ合わせて化学反応させて作られたものです。比較的水に溶けやすく、人の肌へ低刺激であることから洗顔や手洗い等に使われることが多いことが特徴です。

それに対して液体石鹸に使われている「脂肪酸カリウム」は、油脂と水酸化カリウムを混ぜ合わせて化学反応させて作られたものです。ナトリウムよりもさらに水に溶けやすいので、ジェル状にしたり液状にしたりすることが可能なのです。

用途により形態を変えているだけ

どちらも同じ石鹸ですが、固形にするのか液体にするのか、石鹸の形態をどのようにしたいかによって使用する成分が異なります。洗濯洗剤にしたいのであれば、液体石鹸のほうが扱いやすいでしょうし、形や色も楽しみたいのであれば固形石鹸を選びますよね。
ナトリウムのほうが肌に良い、カリウムは良くないなどの違いはさほど関係ないということです。

固形石鹸に向いている用途とは?

肌への刺激が比較的弱く、かつ洗浄力に優れているため、洗顔や身体を洗うときに使われるケースが多いようですが、水酸化ナトリウムと混ぜる油脂や、配合されるその他の成分によっても肌への刺激度や洗浄力は変わるので、洗顔には「絶対に固形石鹸!」と断言できるわけではありません。

ただし、前述のとおり見た目を楽しみたい方には固形石鹸が適しているでしょう。

液体石鹸に向いている用途とは?

その取り扱いやすさから、洗濯洗剤や食器洗い洗剤などの日用洗剤に向いているでしょう。固形石鹸のように泡立てる手間が省けるので、日常のお掃除には液体石鹸がおすすめです。

固形石鹸のほうが低コストですが、使いやすさと値段のバランス次第でコストパフォーマンスに関する価値観は人により変わるでしょう。

まとめ

それぞれにメリット・デメリットがあり、どちらが優れている石鹸だと判定することはできません。固形石鹸にしても液体石鹸にしても、どのような成分が配合されているのか成分表を確かめ肌に合っているかどうかを確かめなければなりません。
用途に応じた石鹸選び、ライフスタイルに合った石鹸選びが必要です。

手作り石鹸  手作り石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA