洗顔におすすめの石鹸と正しい洗顔方法をご紹介

固形石鹸の正しい洗顔方法

みなさんは普段顔を洗う時に、石鹸を使いますか?それとも洗顔フォームを使いますか?どちらも「顔の汚れを落とす」という役割は同じですが、肌への影響は異なります。どのように異なるのか、そしてどのような使い方をするのが正しいのかということをご紹介します。

固形石鹸と洗顔フォームの違いとは?

まずは、石鹸と洗顔フォームの違いについて知る必要があります。それぞれ使用する上でメリット・デメリットがあります。生活スタイルにも関わること、肌への効果などをご紹介します。

洗顔フォームを使うメリット

最大のメリットは「使いやすさ」といえるでしょう。特に忙しい毎日を送っている方には、チューブからさっと洗顔剤が出てきてすぐに顔を洗えるというのは時短に繋がります。また、泡立ちが良いこともメリットの一つです。チューブから出てきた洗顔剤を泡立てネットなどを使わず、直接顔につけて顔をこすりながら泡立てている方も多いのではないでしょうか?
そして、自分に合っていそうな商品を見つけることも簡単です。「ニキビケア用」「保湿成分たっぷり」「敏感肌用」などと、パッケージに書いてあるものが多いので成分表を見ずに気軽に手に取る方がほとんどでしょう。

洗顔フォームを使うデメリット

汚れを落としてくれる点では効果抜群ですが、洗浄力が強すぎることで肌が弱い方や肌トラブルに陥る危険性があります。
洗顔フォームには合成界面活性剤とよばれる成分が多く含まれています。この成分により洗浄力を高めているのですが、余分な皮脂までもそぎ落としてしまっているものがほとんどです。

合成界面活性剤が入っている・いないは肌にどう影響するの?

合成界面活性剤とカテゴライズされる成分はたくさんあります。原料で分類すると「石油系」と「天然系」です。合成界面活性剤と呼ばれるものの中でも「肌に悪影響だ」と一般的にいわれているのが「石油系合成界面活性剤」です。合成界面活性剤すべてが「絶対に体に悪いもの」というわけではないのです。

では、石油系合成界面活性剤など、肌に良くないとされている合成界面活性剤は肌へどのような影響を及ぼすのでしょう。
合成界面活性剤は角質層を壊す、といわれています。角質層には、肌のバリア機能がありそれが破壊されてしまうと、保湿力を失い肌がカサカサになる、外的ストレスから守られなくなり肌がヒリヒリする、という状態になってしまう恐れがあります。

固形石鹸のメリット

固形石鹸には、前述の合成界面活性剤が入ってないので肌への負担が少ないという点が最大のメリットでしょう。天然素材で作られたものであれば、顔だけではなく体にも使うことができるのでボディソープは不要となります。また、固形石鹸は昔から使われてきた洗顔剤であり、それが今でも発展を遂げながら残っているということは、それだけ需要があるということであり安心して使えるものだという認識が根付いているからでしょう。

固形石鹸のデメリット

洗顔フォームより泡立ちにくく、特に天然素材のみで作られた石鹸は泡立ちネット等を使わないとなかなか泡立たないという点が最大のデメリットです。のんびりバスタイムでくつろぐ時など、時間に余裕があるときには泡立てネットでよく泡立ててから使おう、という気になりますが忙しい時に泡立てるための時間をとっていられない、という方もいますよね。そしてさらに面倒なことに、石鹸は石鹸置き場(ソープディッシュ)が必要となり、それを衛生的に保つ必要があります。しっかりと水切りをしておかないと、石鹸が溶けてすぐに使いものにならなくなったり、湿気が多い状態のまま放置しておくとカビが生えてしまいます。

洗顔時はどちらを使うべきなのか?

泡立ちに時間がかからず、肌の負担も少なく、そして洗顔剤の管理に気をつけなくても良い洗顔剤があれば良いのですが、残念ながら今のところすべてを満たすものは存在しません。どちらを使っても「良い」「悪い」ということは一概に言えませんが、「肌状態を良くしたい」という方には石鹸をおすすめします。肌への負担が少ないだけでなく、肌への保湿効果も期待できる石鹸が数多くあります。

洗顔におすすめの石鹸

乾燥肌や敏感肌、またトラブルを抱えた肌の方も安心して使える洗顔石鹸をご紹介します。
※アレルギーを持っている方は、手などでパッチテストしてから使用することをおすすめします。

Santa Maria Novella(サンタマリアノヴェッラ)フレグランスソープ

乾燥肌、敏感肌など全て肌タイプに使える石鹸です。ジャスミン、アイリス、ローズなど8種類の植物由来成分が入っており、使い心地が良いだけでなく香りも楽しめるので女性に人気の商品です。

◆情報
日本の店舗:渋谷にある本店の他、関東を中心に大阪や福岡など都心部で展開

MARIUS FABRE(マリウスファーブル)サンダルウッド 200g

1世紀を超えても愛され続けているマリウスファーブル社の石鹸は、発祥の地フランスだけでなく全世界で利用されています。無香料の石鹸ももちろんラインナップとして充実していますが、今回はサンダルウッドの心地よい香りただよう石鹸をご紹介します。サンダルウッドの香りはもちろん天然由来の成分からの匂いです。置いておくだけでもサンダルウッドの香りが漂い、日々の疲れを癒してくれます。保湿成分のシアバターが配合されているので保湿効果も抜群。全身にも使えます。

◆情報
日本の店舗:なし

ラ・クッチーナ ハイビスカスの石鹸 85g

ラ・クッチーナは沖縄発祥の石鹸ブランドで、バージンオイルを始め植物性油脂、水酸化ナトリウム、水、天然の精油のみを使用しているというシンプルな材料で作られている石鹸が販売されています。水は、沖縄の天然水と海洋深層水をブレンドするというこだわりをもっています。
一つ一つ職人の手により作られているラ・クッチーナの商品は、手作り石鹸の泡立ちにくさを解消するため、高品質な油脂を多く配合しているのでそれほど泡立ちは悪くありません。
保湿成分であるグリセリンの配合により、洗い上がりがしっとりします。

◆情報
日本の店舗:沖縄県のみ

YUAN(ユアン)金銀花(きんぎんか)ソープ 固形石けん 100g

台湾コスメブランド「阿原(ユアン)」は、「自然」をテーマとする石鹸のラインナップが数多くあります。
アジアのハーブ(漢方にもつかわれるもの)を用いて、肌へ自然治癒力を高めるよう働きかけます。
金銀花ソープは、肌に潤いを与えながらもキメの整ったすこやかな肌になるよう導いてくれます。

◆情報
日本の店舗:日本各地に展開

正しい洗顔方法とは

濃いメイクをしたときや、思いっきり汗をかいた後には汚れを落としたい思いからついゴシゴシと顔を洗ってしまいがちです。いくら安心・安全の石鹸を利用していても洗い方が間違っていると肌の状態は良くなりません。
肌に合った石鹸の使用と正しい洗顔方法、両方を行うことで肌の状態が改善されます。

泡立てることが大切

洗顔ネットを使い、手から溢れるぐらいの泡を作り出すことがベストです。その泡を顔にのせるだけで十分。ゴシゴシする必要はありません。顔にのせた泡が勝手に汚れを吸い出してくれます。
注意点は、水で洗い流すときに顔に泡が残らないようにすることです。すすぎ残しは、ニキビや肌荒れの原因になります。

水切りソープディッシュを使って石鹸管理を

天然植物オイルやハーブなどを使った防腐剤の入っていないオーガニック石鹸はカビが生えやすいといわれています。風呂場や洗面所などの水回りは、風通しも悪く多湿状態である場合があるので、ソープディッシュでしっかりと水切りをする、たまには風通しの良い場所へ移動し乾燥させる、などの対応が必要です。

洗顔後はタオルを顔に軽く押しつける程度で良い

石鹸選び、洗顔方法はバッチリなのに、最終工程である「顔を拭く」ときにタオルでゴシゴシ拭いてしまってはすべて水の泡です。洗顔後は、水滴をタオルに吸い取らせるという感覚で優しくタオルを顔に当てる程度が丁度良いです。

今までの洗顔料を見直し、洗顔方法をちょっと変えるだけでも肌の状態は変わります。自分に合う石鹸を見つけるまでお試しセットや少量の石鹸の購入など、様々な石鹸に触れるときっとピッタリの石鹸が見つかります。
特に、洗顔フォームをお使いの方。大昔から使われてきた石鹸に切り替えて、肌力向上にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

泡立てネットを使わない石鹸の泡立て方と正しい洗顔方法

石鹸からキメ細かいホイップ泡を作るには、泡立てネットが役立ちますよね。泡立てネットがあれば、上質な泡を作ることができますし、何より手早く泡を作り出せるのは魅力です。
しかし、泡立てネットがなくても手のひらだけでホイップ泡を作ることができるのです。この泡立て方をマスターすれば泡立てネットを置くスペースも不要になり衛生管理もしなくて良くなるので楽ちんですよね。
せっかくきれいな泡を作れたなら、正しい洗顔方法も一緒に学んでしまいましょう。泡立てネットを使わない泡立て方と正しい洗顔方法についてご紹介します。

泡立て手順

① まずキレイに手を洗います。手が汚れた状態では泡立ちにくくなってしまうからです。
② 洗面器に適度な温度のお湯を入れ、石鹸を手のひらにのせ、お湯をかけながら両手で石鹸をくるくる回します。
③ 少し粘り気のある泡ができたら、左手に泡を乗せ、右手でゆっくりこすります。
④ 徐々に右手のこする速さを上げていきます。
⑤ 手のひらにのる程度の泡の玉ができたら完成です。

石鹸ネットを使っても使わなくても、同じように泡を作ることができます。ライフスタイルに合わせて、泡立て方法を選んでくださいね。

正しい洗顔方法について

皆さんは、洗顔は朝と夜2回行っていますか?もし2回行っている方がいたら朝と夜とで洗い方を変えると肌質が良くなる可能性があります。

朝の洗顔

洗顔は肌の余分な汚れを落とし衛生的にするために行います。洗いすぎると必要な角質や皮脂までそぎ落としてしまい、炎症を起こすこともあります。

朝の肌はあまり汚れていない、と思われがちですが夜寝ている間に汗と皮脂が多量に分泌しており皮脂膜となって肌を覆っている状態になっています。皮脂膜は肌を守るために必要なものですが、同時に余分な皮脂も生み出しています。この余分な皮脂を取り除かないでいると、肌バリア機能が低下し、毛穴が開いたり潤いがなくなるといった症状が起きます。

皮脂は「油」ですので、水のみでは落としきれません。皮脂分泌の多い方は朝も洗顔フォームを使って洗い落すほうが良いという意見があります。しかし、洗顔フォームでは肌を洗いすぎて必要な肌成分までも落としてしまうので乾燥肌になる可能性があります。

そんなときは石鹸がおすすめです。洗浄力が高すぎない石鹸を利用すれば、洗いすぎといった問題解決になります。乾燥肌の方はお湯や水などで洗うだけで十分です。自分の肌がどちらか見極めるのが難しい方は、まずは洗顔剤を使わない水洗い・お湯洗いだけにしてみることをおすすめします。

夜の洗顔

一日の最後にあたる夜には、メイクによる汚れや皮脂汚れなどがありますので洗顔剤を使った洗顔をおすすめします。その際、特に乾燥肌の方には下記の店に注意して洗顔しましょう。

・洗顔石鹸は保湿成分が豊富に含まれているものを使う
・しっかり泡立てて肌を包むように優しく洗う
・熱いお湯で洗わない

まとめ

いかがでしたか?今まで行っていた洗顔方法と今回ご紹介した洗顔方法は合っていましたか?肌質によって、洗顔剤の使用有無は変わりますが、泡立て方や洗顔方法はどの肌タイプにも共通しています。
正しい洗顔方法を身につけ、どのような季節でも健やかな肌で過ごしましょう!

手作り石鹸  手作り石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA