柑橘系の香り爽やか!人気のみかんの手作り石けん5erabi

冬はこたつでみかんが食べたいですよね。あの甘酸っぱい香りと味がなんとも言えません。食べるのも美味しいみかんですが、手作り石けんにしてもとても使い心地が良いのです。香りも爽やかで癒されます。オススメのみかんの手作り石けんを5つご紹介します。

Sweet marry「みかん石けん」

Sweet marryのみかん石けんはみかん果汁を水分の一部に使用して作られています。アプリコット核油、レッドパーム油、オリーブ油を合わせて作られていて、ホホバ油とヨーグルトをオプションに加えてあります。香りは温州みかん、マンダリン、スイートオレンジ、プチグレンの精油をブレンドしたの甘いみかんの香りです。泡立ちもモチモチの使い心地の良い石けんです。

和歌山有田の伊藤農園「みかんのマルセイユ石けん」

伊藤農園の「みかんのマルセイユ石けん」は和歌山の有田で採れたみかんの果皮を配合した手作り石けんです。みかんの爽やかな香りがし、みかんの天然のクエン酸・リモネンがはだの汚れをしっかり落としてくれます。この石けんはオリーブオイルをたっぷりと72パーセントも配合したマルセイユ石けんです。オリーブオイルは汚れた皮脂はしっかり落としますが必要な油分は残すのでお肌に良い成分です。もモコモコの泡でしっかりと汚れを落とすことのできる石けんです。

HonoBono-Lab「蜜柑の石けん」

HonoBono-Labの手作り蜜柑の石けんは、オレンジバターという珍しいオイルを使用して作られています。このオレンジバターで作られた石けんの使用感は肌の上でとろけるようです。香りもジューシーなオレンジの香り。

八坂石鹸「手作り石けんみかん」

八坂石鹸の手作りみかん石けんはヤシ油と牛油を原料とした石けんです。香料、着色料、合成界面活性剤などは不使用。みかんの果汁を配合して石けん分95パーセントで作られています。昔ながらの炊き込み法で一つ一つ自然乾燥させて手作りされています。炊き込み法とは、大きな釜で油脂と苛性ソーダを加熱して化学反応によって石けんを作る手法のことです。よく自宅で行うコールドプロセス法とは違い、石けんの元に熱を加えるのでホットプロセス法とも呼ばれています。

クーバーバル「無添加手作り石けんみかん」

クーバーバルの無添加手作り石けんみかんはコールドプロセス製法で作られた生石けんです。3〜6ヶ月かけてはーぶおいるを抽出し、2〜3ヶ月かけてゆっくりと熟成させた手間暇かけた石けん。全行程心を込めて手作業で作られているとてもナチュラルな石けんです。柑橘系の香りとみかんの洗浄力で若々しいお肌を保ちましょう。

それぞれ違うみかんの石けん

みかんの手作り石けんと言っても色々な種類のみかんの石けんがありましたね。みかんの爽やかな香りでリラックス効果も抜群。肌への仙洗浄力も良いみかんの成分。無添加で丁寧に作られた手作り石けんだからこそ味わえる素材の良さがたくさん詰まっています。色々なみかんの石けんを試してみてお気に入りを見つけてみるのも楽しいですね。こだわりのある方は自分でみかんの手作り石けんを作ってみても良いでしょう。お風呂場がみかんのかおりでいっぱいになったら爽やかで気持ちの良いバスタイムになりそうですね。

手作り石鹸  手作り石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA