手作り石鹸を自分の好きな香り付けで楽しもう

手作り石けんの香りづけ

手作り石鹸の香り付け

手絵作り石鹸の魅力の一つは、自分の好きな香りがつけれるところですよね。市販の石鹸だと好きな香りでも香りが強すぎたり、好みの香りが見つからなかったりしますが、手作りならそういった心配はありません。今回は、手作り石鹸におすすめの香り付けをご紹介します。

定番のアロマオイル

まずは定番のアロマオイル(精油)をご紹介します。精油の効果は実証されていませんが、植物の香りをぎゅっと凝縮しているので、深呼吸したくなるような、リラックス効果が高まりおすすめです。

〇ラベンダー

アロマオイルの定番ともいえるラベンダーは、リラックス効果が高くストレスを軽減してくれます。

〇ゼラニウム

甘い香りが好きな人におすすめ。ローズのような香りで幸せな気分になります。

〇オレンジスイート

明るい気分になれるアロマオイルです。柑橘系は、男女問わず好き嫌いが少ない香りなのでプレゼントにもおすすめです。

〇ティートゥリー

ウッディな大人っぽいクールな香りです。少しシックなイメージにしたいときにもおすすめですし、花粉などが気になる時期にもおすすめです。

キッチンにあるものも使える!色々な香り付け

〇ココアパウダー

少量入れるだけで甘い香りが広がりまるでお菓子のような石鹸になります。色も茶色くなり見た目もまるでチョコレート!使うたびにわくわくする石鹸になります。

〇よもぎパウダー

お肌にも良いよもぎを入れるだけでよもぎ石鹸の出来上がり!見た目も緑色でつかうときにほんのり香るので使いやすいです。

〇はちみつ

優しい香りのはちみつは、いい香りだけでなく保湿効果もプラスすることができます。

〇ハーブティ

そのまま使うのではなく、濃いめに煮だして液体部分を使います。ハーブのエキスも抽出され、簡単にハーブ石鹸になります。

香りを長持ち&香りを復活させる方法

手作り石鹸で香り付けしてしばらく経つと、香りが弱くなってしまったという経験はありませんか?特に柑橘系の精油で香り付けした場合は香りが飛びやすく、乾燥させて使うときには香りがほとんどなくなってしまったということもあります。

香りを長持ちさせるには、1種類だけでなく、2種類くらいの香りをブレンドしてみましょう。香りを組み合わせることで深みのある香りになり香りが残ったように感じます。

また、香りが薄くなってしまったら、固まった石鹸を再度細かくして溶かし、香りを加えてまた2・3日乾燥させれば香りが復活します。少し手間ですが、このひと手間でまた香りが復活するので香りをチェンジしたいときにもおすすめです。

家にある石鹸を香りでアレンジ

お家にある石鹸で使ていない石鹸があったら、時間があるときにまとめて自分好みの香り付けをした石鹸を作ってみましょう。作り方は簡単です。石鹸を細かく砕いて、湯せんなどで溶かします。溶かしたら、好みの香り付けをして型に入れ固めて乾燥さればOKです。余っている石鹸の有効活用にもなり、おすすめです。好きな香りだと使うのが毎回楽しみになりますね!小さめに作っておけば、ちょっとした手作り石鹸としても大活躍です。ぜひいろいろな香り付けを楽しんでみてください。

手作り石鹸  手作り石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA