手作り石鹸の販売について

sekken

手作り石鹸に慣れてきたら、販売できたらいいな~と思ったりします。可愛いのもや、精油をオリジナルブレンドしてみたらとてもいい香りになった!など、自分以外にも使ってもらいたい!と思ったりしますよね。しかし服やカバンとは違い、肌に直接使ったり、もしかしたら口や目に入ってしまうかもしれません。そんなものを誰でも販売していいのでしょうか…?今回はそんな石鹸の販売についてお話していきます。

石鹸の販売には許可が必要なの?

どんなにオーガニック石鹸であっても、口に入れても大丈夫といっても、このような石鹸の製造輸入販売の際にも医薬品医療機関等法(旧薬事法)にもとづく規制を受けとることがあり、製造販売の許可を取らなければならなかったり、広告表現の内容や輸入販売についても各種の規制を受けることになります。

これは、業者であっても個人であっても規制を受ける必要があります。

手作り石鹸を作る際に、苛性ソーダを使うことが多いので、石鹸を輸入販売する際に「薬用石鹸」として「医薬部外品」に該当することもありますので、注意が必要です。

医薬部外品とは、医薬品医療機器等法における定義では、特定の症状への予防効果を持つもので人体への影響が緩和なものをいいますが、石鹸の中でもこれらの薬用効果があるものについては「薬用石鹸」として医薬部外品扱いになります。

薬用石鹸を製造販売するためには、まずはその石鹸に薬用効果があることを厚生労働大臣に申請して承認を受ける必要があります。

ここまでは、薬用石鹼として販売するにあたっての許可のお話でしたが、次は化粧品として販売するにあたっての必要な許可です。

化粧品石鹼に必要な許可

まず、化粧品として石鹼を販売するには、医薬品医療機器等法における「化粧品」の分類を確認しておく必要があります。

化粧品とは、人の身体を清潔にしたり、容貌を整えたり皮膚などを健やかに保つ目的で利用するもので、人体に対する影響が緩やかなものをいいます。医薬部外品ほど効果効能はないものです。しかし、厚生労働大臣から化粧品の行許可を得る必要があります。

最初にもお伝えしましたが、広告等の可能表現があります。最後にその可能表現を見ていきましょう。

化粧品石鹼の広告可能表現とは

石鹼の中でも、洗顔用や体を洗う目的のものはすべて化粧石鹼になります。そして、化粧品には医薬品医療機関器等法上、事実であれば56の効果効能が広告表現が認められています。

例えば、(汚れを落とすことで)皮膚を清浄にする、(洗うことにより)ニキビ、汗疹を防ぐ、肌を整える、皮膚を健やかに保つ、肌荒れを防ぐ、肌を引き締める、肌に潤いを与える、皮膚の水分・油分を補い保つ、皮膚の柔軟性を保つ、皮膚を保護する、皮膚を乾燥から防ぐ、肌にハリを与える、肌につやを与える、肌をなめらかにする…などです。

色んな規定をクリアしないと、石鹸を販売することはできないんですね。

手作り石鹸を作って、自分で使ってみてすごくよかったから皆さんにも使ってほしい!と思う気持ちがあっても、色んな肌質の方や、アレルギーをお持ちの方、さまざまな方がいらっしゃるので、なかなかすぐ販売する!ということは難しそうですね。法に触れないように、認可はしっかり取得してくださいね。

手作り石鹸  手作り石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA