手作り石鹸で泡立ちの良い石鹸を作るためのオイル比較

手作り石けんのオイル別泡立ちの比較

手作り石鹸は泡立ちが悪い?

手作り石鹸を自分で作ったり、プレゼントでいただいたりした際に、泡立ちが悪いと感じた経験はありませんか?手作り石鹸には、自分の好きな植物オイルを組み合わせて好みの石鹸を作ることができるというメリットがありますが、その反面でオイルの配合によっては泡立ちが悪くなってしまうこともあります。
市販の石鹸に比べて泡立ちが悪く感じてしまう理由や泡立ちのよい石鹸を手作りする際のポイントをご紹介します。

市販の石鹸と手作り石鹸の違い

市販の石鹸と手作り石鹸にどのような違いがあるのでしょうか。一見、それほど違いがないようにも見えますが、手作り石鹸を初めて使った人に驚かれるのが「使用感の違い」。手作り石鹸は市販の石鹸に比べてしっとりすべすべに洗い上がりツッパリ感がありません。
その理由は、原料にあります。市販の石鹸は牛脂とココナッツオイルでできていることが多く安く手に入る牛脂をベースにココナッツオイルで泡立ちをよくしています。
手作り石鹸は牛脂の代わりに、オリーブオイル、ココナッツオイル、パーム油、アボガド油、アーモンドオイルなどの食用オイルの他、シアバターやホホバオイル、椿など様々な植物油が使われています。そのため、市販で買うと高級石鹸ともなる石鹸をコストを抑えて作ることも可能です。

しかし、その反面オイルの種類や配合によっては泡立ちが悪くなってしまう場合もあります。手作り石鹸ならではの使用感を保ちながら、泡立ちを良くするためには、ちょっとしたコツが必要です。

泡立ちのよい石鹸にするためには

泡立ちの良い石鹸にするためには、ベースのオリーブ油などに加えて泡立ちの良い脂肪酸を含むオイルを加えることが大切です。

〇ラウリン酸ナトリウム:水にも溶けやすく、大きな泡をたくさん作ることができることができる脂肪酸です。皮膚刺激がややあるため、入れすぎには注意が必要です。

〇オレイン酸ナトリウム:水にも溶けやすくきめ細かい泡を作ることができます。洗浄力もある脂肪酸ですが、石鹸自体は柔らかくなります。

泡立ちの良い石鹸のためのオイルの選び方

泡立ちをよくする脂肪酸を含むオイルを紹介します

〇ココナッツオイル…ラウリン酸を多く含み、泡立ちを良くするためには欠かせない存在です。配合量が多すぎると刺激性がやや強くなる可能性があるので注意が必要です。少量入れるだけで泡立ちが良くなるので、石鹸作りには欠かせないオイルです。

〇パーム核油…ココナッツ油と似た性質を持っており、泡立ちを良くするためにしようされるオイルです。ココナッツオイルと性質は似ていますが、ココナッツ油より刺激が少ないことが特徴です。

〇スイートアーモンドオイル…オレイン酸を多く含むオイルです。さらっとしているため、きめ細かい泡を立てることができます。

手作り石鹸を作る際のおすすめの配合量

ベースとなるオイルと合わせて、全体のオイルの15%ほどこれらのオイルを加えることで泡立ちがよく使用感のよい手作り石鹸をつくることができます。

植物オイルを贅沢に使用した手作り石鹸は、使うだけでしっとりすべすべお肌になれるだけでなく気持ちまで贅沢な気分にしてくれますよ。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

手作り石鹸  手作り石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA