手作り石鹸が低刺激な理由と人気の理由

手作り石けんが低刺激な理由

市販の石鹸と手作り石鹸の違い

一般的に、市販の石鹸より手作りの石鹸のほうが「低刺激でお肌に優しい」イメージがあるのではないでしょうか?

手作り石鹸がなぜ市販の石鹸に比べて低刺激と言われる理由には、大きく二つあり「原料」と「製法(作り方)」です。

手作り石鹸が低刺激な理由

〇原料の違い

市販の石鹸で手を洗ったり洗顔をすると、「洗った」というようなツッパリ感がでませんか?その感じが好きという方もいると思いますが、お肌の敏感な方には刺激が強すぎる場合もあります。手作り石鹸で手を洗ったり洗顔をすると、その違いに驚かれます。

市販の石鹸の原料の多くは、工業用の牛脂です。工業用なので、保湿力はあまりないです。それに比べて手作り石鹸の多くは、食用レベルでも用いることができる植物オイルを用いていることがほとんどです。植物オイルには、植物の栄養素が凝縮されています。原料に栄養がたっぷりあるので洗っているのにつっぱらずお肌がすべすべになるのです。

また、市販の石鹸は、製造してから実際に家庭で使うまでにかなりの時間がかかります。そのため、製品の劣化してしまう可能性があり劣化を防ぐために防腐剤などが入っています。この防腐剤は、もちろん製品を保つためには大切なものですが、お肌を保湿するためのものではないため、「なくても良いもの」でもあります。手作り石鹸なら、自分で作ったものを完成後すぐに使えるため、使用期限は短くなってしまいますが防腐剤を配合しなくても作ることができます。このように、市販の石鹸と手作りの石鹸では原料に大きな違いがあります。

〇製法の違い

市販の石鹸のほとんどは、「中和法」という製法が用いられています。石鹸の脂肪酸(脂の成分)をアルカリと反応させ作る方法で4時間ほどでできるため大量遺産が必要な際はほとんどこの方法です。それに対して手作り石鹸は、「コールドプレス法」という方法を使います。この方法はもっとも手間のかかる方法と言われており、市販の石鹸ではほとんど用いられません。コールドプレスとは、コールド(=熱を加えず)プレス(=固める)製法です。熱を加えないため、植物オイルの栄養素が壊れることなく残り栄養分たっぷりの石鹸に仕上がります。

手作り石鹸が人気の理由

このように、市販の石鹸と手作り石鹸には大きく違いがあり、肌に触れるものや毎日使うものにこだわりたいという人を中心に注目されてきています。

手作り石鹸も、「手作り石鹸教室」やご家庭ででる「手作り石鹸キット」なども販売されており人気が集まっているようです。石鹸を手作りするなんて私には無理かも…とはじめは思っていた人でも、初めて見たらすっかりはまってしまった!という人も多いです。

その理由は、やはり使い心地の良さ。自分で手作りした石鹸の洗いごことは市販のものとは全く違っており一度使ったら病みつきです。また、作り手は自分なのですから、何が入っているか目で見えるというのも安心・安全を願うママたちにも人気のはずです。実際に手作り石鹸は低刺激なので、ご家族みんなで使えますし、敏感肌がしっとりすべすべになってうれしいというお声も多いのです。

以上、手作り石鹸が低刺激な理由は「原料」や「製法」にありますが、実際の使い心地もよく人気の理由には様々な理由があります。皆さんもぜひ手作り石鹸にチャレンジしてみてください。

手作り石鹸  手作り石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA