手作り石けんの泡立ち

sekken

手作り石けんはブレンドするオイルで使い心地が異なるため、保湿力は高いのに泡立ちが悪いなんてことも多々あります。泡立ちや泡の持続性の高い脂肪酸を含むオイルを加えることで、泡立ちはぐんと良くなります。どのような脂肪酸を含むオイルが泡立ちに高価があるのか、一つずつご紹介していきましょう。

起泡力

起泡力が最も高い脂肪酸は、ラウリン酸とミリスチン酸で、この2種が最も多く含まれているオイルはココナッツ油とパーム核油です。大きな泡がすばやく立つため、石けんを作る際にはどちらかをブレンドオイルの一つに加えると良いでしょう。

そのほかに、パルミトレイン酸やリノール酸、リノレン酸にも起泡力があります。パルミトレイン酸はマカデミアナッツ油やヘーゼルナッツ油、アボカド油に多く含まれています。リノール酸はほとんどのオイルに含まれていますが、その中でも紅花油、ひまわり油、月見草油、グレープシード油、綿実油、くるみ油、コーン(胚芽)油、小麦胚芽油、大豆油、ごま油、ククイナッツ油、ローズヒップ油、ピーナッツ油、スイートアーモンド油、アプリコット核油、キャノーラ油、なたね油、アボカド油、オリーブオイルが含有量が高いです。リノレン酸はローズヒップ油、ククイナッツ油、くるみ油、キャノーラ油に多く含まれています。

泡の持続力

泡の持続性が高い脂肪酸は、ミリスチン酸、パルミチン酸、パルミトレイン酸、ステアリン酸、オレイン酸と数多くあります。

ミリスチン酸、パルミトレイン酸は起泡力のある脂肪酸でご紹介しましたが、泡の持続力もあります。ミリスチン酸、パルミトレイン酸の含有量が高いオイルを多めに配分することで、泡立ちが優れた石けんになります。

パルミチン酸はパーム油、ココアバター、綿実油、アボカド油、ピーナッツ油、米ぬか油、コーン(胚芽)油、小麦胚芽油、大豆油、グレープシード油に多く含まれています。

硬さを出すことで知られるステアリン酸は、泡立ちの持続性も高く、含有量の高いシアバター、ココアバターを加えることで、硬さを出すだけでなく泡立ちの持続力も高まります。

肌への作用が穏やかで保湿力の高さで知られるオレイン酸も、泡立ちの持続力があります。ほとんどのオイルにオレイン酸は含まれていますが、中でもつばき油、オリーブオイル、紅花油、ハイオレイックひまわり油は非常に含有量が高いです。これら4種のほかには、スイートアーモンド油、アボカド油、マカデミアナッツ油、キャノーラ油、シアバター、ヘーゼルナッツ油、ココアバター、パーム油、ピーナッツ油、ごま油、米ぬか油にも多くのオレイン酸が含まれています。

泡立ちにはココナッツ油

ご紹介したとおり、ココナッツ油は起泡力にも泡の持続力にも優れている代表的なオイルです。冷水や硬水で洗浄力が高く、多くのオイルを使わずに石けんを作る人も是非ブレンドの一つに加えて欲しいオイルです。

美容や健康食品としてのブームから、スーパーなどで手軽に入手できるようになり、ココナッツ油単体での石けんを作る人も増えているようですが、肌に刺激のあるカプリル酸やカプリン酸を含むため、使用オイル全体の20%程度に抑えておくのがお勧めです。

手作り石鹸  手作り石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA