弱酸性肌にアルカリ性の石鹸を使っても大丈夫?石鹸と肌の関係について

アルカリ性石けんの肌の影響は?

石鹸はアルカリ性という特性をもっています。私たちの肌・髪・頭皮は弱酸性状態に保たれている状況ですが、アルカリ性である石鹸を使っても問題ないのでしょうか?アルカリ性の石鹸を使うメリットとはどのようなものなのでしょうか?
肌と石鹸の関係についてご紹介します。

市販で販売されているスキンケアはほとんど弱酸性仕様になっている

洗顔料をはじめ、スキンケアグッズは弱酸性の商品がほとんどです。それは、私たちの肌・髪・頭皮が弱酸性だからです。私たちの体が弱酸性状態なのですから、弱酸性仕様のスキンケアを使えば低刺激になるということは納得できます。

一番良い肌の状態は「弱酸性」

肌が弱酸性になっている理由は「肌を守る効果」があるからです。有害な細菌の侵入や増殖を防いでくれる常在菌が良く働いてくれるのは肌が弱酸性であることが条件の一つです。この常在菌がそぎ落とされたり活力がなくなると、私たちの肌は健康を損なうことになります。

アルカリ性の石鹸は肌にとって違和感を感じる?

肌の状態は弱酸性を保つことで、常在菌がうまく働くということはアルカリ性の石鹸を使えば違和感を感じるのは当然です。ピリピリとした痛みを感じたり、中には痒みを感じたり肌が炎症してしまう可能性もあります。ではなぜアルカリ性の石鹸は販売され続けているのでしょうか?

アルカリ性である石鹸を使うメリットとは?そしてその効果とは?

石鹸を使うメリットがなければ、商品はとっくに消えているはずです。昔から長い間使われ続け今でもその文化が途絶えないのには石鹸のメリットが大きいからです。

肌力向上

元々、肌や髪には自然回復力を持っています。弱酸性のソープばかり使っていると、肌は頑張らなくても弱酸性のままでいられますから活力は落ちていきます。しかし、アルカリ性である石鹸を使うことにより、肌は弱酸性に戻すよう働きます。この働きこそが肌力なのです。
弱酸性の製品ばかりに頼っていた方は、肌力がかなり落ちているので石鹸にいきなり変更すると肌はビックリしてヒリヒリすることもあるでしょう。しかし、少しずつ続けていけば肌力は向上し、若くてみずみずしい肌を維持することができるのです。

角質の柔軟化

石鹸がもつアルカリ性という性質は老化した角質を柔軟にし、老廃物をきれいに流してくれる作用があります。余分な角質が取れるのですから、肌はつるつるになります。

皮膚に残留した石鹸は自然分解される

石鹸で洗顔後、しっかりと水で泡を洗い流すことは重要ですが、たとえ一部残留していたとしても悪影響になりにくいというメリットがあります。それは、石鹸の主成分である「脂肪酸」は皮脂抗生物質に含まれている成分と同じものです。同じ成分同士なので、放っておいても自然分解されるのです。

界面活性剤を肌に残さない

市販で売られているソープは、合成界面活性剤が入っており洗浄力を高める効果があります。皮脂汚れをキレイに落としてくれるのはうれしいポイントですが、ソープなどで使用されている界面活性剤は一旦肌につけると水ですすいでも角質細胞にある皮脂にしっかりとくっついてしまうため取れにくい状態になります。
弱酸性の肌に弱酸性のものがくっついている状態なので、本人は気付きませんが知らぬ間に角質の剥がれを促進し肌へ負担をかけているのです。
一方石鹸にも界面活性剤は含まれているのですが、こちらは肌に残留することがない、ということが大きな違いです。水に触れるとアルカリ性は消失し、同時に界面活性剤としての役割がなくなるためです。これにより、正常に肌のターンオーバーが行われ、肌力向上にも繋がるのです。

まとめ

なぜ弱酸性の肌にアルカリ性の石鹸を使っても良いかご理解いただけたでしょうか?肌がもつ自然回復力を高めて肌力を向上させ、角質の柔軟化により肌質の改善にも影響してくれる石鹸。石鹸を使っても安心である、ということと石鹸を使うメリットについてご紹介しました。

手作り石鹸  手作り石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA