家庭用洗剤にも!ペースト状の手作り石鹸を作ろう

シアバターの手作り石けん

手作り石鹸は以前から肌に良いとされていて人気があります。無添加でハンドメイドで作った石鹸を手作り石鹸として販売しているお店もたくさんありますね。作り方も簡単なものから本格的なものまでいろいろあるので初心者の方からこだわりたい方まで幅広い人気を集めています。手作り石鹸というと一般的には顔や体を洗うために作られたものが多いですが、実は食器や掃除、洗濯に使う石鹸も手作りすることができます。家庭用洗剤としての手作り石鹸の効果や作り方をご紹介します。

重曹を使ってペースト状の手作り石鹸

重曹が汚れを落とすのにとても効果が高く環境にも優しいというのはもう有名な話ですよね。そんな重曹を使って手作り石鹸を作れば食器洗いや掃除、洗濯に使えるオリジナルの手作り石鹸を作ることができます。シンクやレンジ周りの汚れも落とせますし、食品の近くに使用しても危険性のない材料で作れるので安心ですね。生活用洗剤の手作り石鹸を作る時は使いやすさを考えてペースト状にすると良いでしょう。

重曹とはどんなもの?

重曹でお掃除するとよく落ちるし安全で経済的というのは結構有名な話です。しかしそもそも重曹とはどんなものなのかというのはなかなか知らない方も多いのではないでしょうか。重曹とは「炭酸水素ナトリウム」とも呼ばれていて、原料は食塩水と二酸化炭素です。体に入っても問題のない原料でできていますので、胃薬や料理に使用することもできます。

お掃除に使える重曹の効果とは?

胃薬や料理にも使える重曹ですが、汚れを落とす効果もあり洗剤としても重宝されています。食塩水に二酸化炭素を加えただけの重曹がなぜ汚れを落とすことができるのでしょうか。そのメカニズムを解説していきます。まず、重曹は弱アルカリ性なので酸性の油汚れを中和して落とすことができます。これがシンクやレンジまわり、フライパンなどの油汚れに強い理由です。また、生ごみなどのいやな匂いも酸性なので重曹のアルカリ性で中和して消臭効果もあります。次に重曹は粒子が細かく水に溶けにくいので細かい粒子が汚れを浮かせて落とすと言う効果もあります。クレンザーのような役割も持っています。最後に重曹には二酸化炭素が混ざっていることで発泡性があり汚れを浮き上がらせることができます。

重曹ペースト手作り石鹸を作ってみよう

重曹を使ってペースト状の手作り石鹸を作ってみましょう。作り方はとって簡単です。効果は抜群で安全に汚れを落とすことができます。

【材料】

・普通のプレーン石鹸・・・30g

・重曹・・・25g

・熱湯・・・50g

・お好みの精油など

・ガラス瓶などの耐熱性容器

【作り方】

①石鹸をフォークやスプーンなどを使って細かく削ります。

②①の削った石鹸を耐熱性のガラス瓶などに入れて熱湯を加えて数分置いておきます。(10〜15分)

③重曹と好みの精油を加えてよく混ぜます(ティートゥリーなど殺菌効果のあるものが洗剤にするにはオススメです)

④歯ブラシなどで救って使うと使いやすいです。ペーストが硬い時は水を足します。

市販の石鹸を削って作るのでとっても簡単に作れます。こだわりたい方は石鹸から手作りするのも良いですね。

安全な重曹ペースト手作り石鹸でキッチンの掃除を

キッチンは一番汚れやすく掃除が大変な場所です。つい洗浄効果の高い強めの洗剤を使いたくなりますよね。しかしキッチンは料理をする場所でもあるのであまりにも強い薬品を使うのは心配です。そこでペースト状の手作り石鹸を使えば汚れの落ちも良いし口に入っても心配のない材料なので安心して使用することができます。ぜひキッチン周りの洗剤としてペースト状の手作り石鹸を作ってみてください。

 

手作り石鹸  手作り石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA