初心者でもできる!チョコレート入り手作り石鹸のレシピ

手作り石鹸の失敗しない作り方のコツ

手作り石鹸にはいろいろな種類があります。使う材料も様々です。肌に良いものを使ったり添加物を不使用にすることで市販の石鹸よりも安心して使えるものが多いです。自分で素材を選べるので好きなものを入れて作るのも良いですね。チョコレートを入れて手作り石鹸が作れるのをご存知でしょうか?手作り石鹸には食材が使われることも多いです。チョコレートは食べ過ぎると肌に悪いいんしょうがありますが、石鹸の材料としては美肌効果を発揮することがわかっています。食べても美味しい、石鹸にすれば肌に良いなんてチョコレートは優秀なのですね。

チョコレートの肌への効能とは

チョコレートは食べ過ぎるとニキビができてしまう!太る!というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。それは市販のチョコレートに含まれる砂糖が問題のことが多いのです。純粋なチョコレートは甘くなくカカオで作られています。カカオはカカオポリフェノールという栄養素があり、肌にもとても良い効果をもたらしてくれるのです。

皮膚の炎症を抑える

カカオポリフェノールには肌の炎症を抑える効果があります。ニキビ予防にも効果的なのです。今まではチョコレートはニキビができると思われていましたが、砂糖を含まないチョコレートはニキビ予防になるのですね。

紫外線のダメージを修復する

チョコレートには紫外線を浴びて受けた肌のダメージを修復してくれる効果があります。年々強くなる紫外線にシミや日焼けが気になりますよね。チョコレートはそんな悩みにも効果があるのです。

肌の保湿力がアップする

肌トラブルの原因のほとんどが肌の乾燥と言われています。それくらいお肌にとって乾燥は大敵です。チョコレートには肌の保湿効果を高める効果も期待できます。

肌のキメを整える

チョコレートにははだのキメを整える効果もあります。キメの整った肌は陶器のようにツルッとしていて綺麗ですよね。

肌のターンオーバーを促す

肌のターンオーバーとは、古くなった角質が剥がれ落ち、綺麗な新しい角質に変わることです。肌のターンオーバーが促されるといつも綺麗な肌でいることができます。

チョコレート手作り石鹸の作り方

チョコレートには肌に良い効果がたくさんありますね。そんなチョコレートで手作り石鹸を作ったらはだに良いものができるのではないでしょうか。チョコレートの手作り石鹸の作り方をご紹介します。

【材料】

・オリーブオイル

・パームオイル

・パーム核油

・ひましオイル

・スイートアーモンドオイル

・苛性ソーダ

・精製水

・スイートオレンジの精油

・ブラックチョコレート

【作り方】

①精油を混ぜておく

②パームオイル、パーム核油と割ったチョコレートを入れて湯せんで溶かす

③残りのオイルを加えて湯せんし、温度を40度にする

④苛性ソーダと精製水を混ぜて40度にする

⑤③と④をよく混ぜる(20分ほどかくはん)

⑥「の」の字が書けるくらいのとろみになったらせいゆをくわえて混ぜる

⑦色をつけるなどして型に入れ丸1日保温する

⑧型出ししてカットする、4週間ほど乾燥させて完成

チョコレートの手作り石鹸で美肌を目指そう

チョコレートの手作り石鹸は普通の手作り石鹸にチョコレートを混ぜ込むだけなので比較的簡単に作ることができます。肌にも良い効能がたくさんあるチョコレートを使って美肌を目指しましょう。

手作り石鹸  手作り石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA