保湿に効果的!手作り石けんの材料シアバターとムルムルバターの比較

シアバターを使った乾燥対手作り策石鹸

シアバターとは?

シアバターとは、アフリカの乾燥地帯に自生するカルテという木の種子からとれる油脂です。植物性の油脂ですが、常温においては固形で肌に乗せると溶けるため「オイル」ではなく、「バター」と呼ばれています。シアバターの成分は、人の皮脂に近いオレイン酸を豊富に含んでいるため、肌なじみがよく大変人気が高いです。また、シアバターは大変酸化に強く保存性に優れており、新生児にも使えるほどお肌にも優しい天然素材です。体温で溶けるという性質を利用してヘアワックスやマッサージオイルなど様々な活用法があります。

シアバターの活用方法

シアバターの特徴や効能で、さまざまな使い方をすることができます。

〇乾燥対策に…アフリカの過酷な環境で育ったため、水分をしっかりとお肌に閉じ込める保湿効果が抜群です。

〇老化防止に…高い抗酸化作用を持つビタミンEを豊富に含むため、老化防止効果が高いと言われています。

〇傷や火傷に…シアバターは古くから傷や火傷の治療にも使われ傷を早く治す作用があると言われています。

〇紫外線を予防…シアバターは、皮脂に近い性質を持ち紫外線から皮膚を守る働きがあります。また、日焼け後の炎症を抑えるはたらきがあります。

〇妊娠線予防に…シアバターは体温で溶けるため、妊娠中のマッサージや、セルライト予防にも役立ちます。

シアバターの使い方

〇保湿クリーム・マッサージクリームとして

シアバターは高い保湿効果があるため、少量でしっかりとお肌を保湿することができます。これ一つで全身ケアできることもポイントです。

〇髪のヘアワックスとして

シアバターは、体温で溶け常温で固まる性質を持ちます。そのため、ヘアワックスとして使用することができ髪の紫外線対策にもなります。

〇手作り石鹸として

シアバターは手作り石鹸に配合することも可能です。シアバターを配合することで酸化しにくく安定した石鹸にすることができます。シアバター単体や入れすぎると水では溶けず泡立ちも悪くなってしまうので、オリーブオイルなどと合わせての使用がおすすめです。

お肌に優しく保湿効果が抜群なので洗い上がりはしっとりと吸い付くようなお肌に洗い上がります。

シアバターで手作り石鹸

シアバターを配合した手作り石鹸の材料をご紹介します。

・オリーブオイル300g

・ココナッツオイル100g

・パームオイル100g

・精製水175g

・苛性ソーダ66g

・シアバター大さじ1

が基本の材料です。オイルの総重量500gに対してシアバター大さじ1程度が目安です。オイルは好みのものにチェンジしてもOKです。

作り方は基本の石鹸と同じです。シアバターが固形の場合は、40度以下の湯せんで溶かしてご使用ください。

保湿効果抜群のシアバター石鹸の出来上がり

いかがでしたか?石鹸を使うと乾燥やつっぱりが気になる人には特におすすめのシアバターを使った手作り石鹸のレシピをご紹介しました。通常の植物オイルを使った手作り石鹸だけでも使用感には満足できますが、シアバターを配合するだけでさらにしっとりもっちりな洗い上がりにきっと驚くはずです。

シアバターは単体での使用ももちろんおすすめですが、石鹸にすることでより使いやすく効果も実感できることと思います。

ムルムルバターとは?

皆さん、ムルムルバターをご存知でしょうか?なんだか、面白い名前ですがこのムルムルバターとても優秀なのです。今回は、ムルムルバターの特徴や、手作り石鹸との相性はどうななのか?また、レシピもご紹介していこうと思います。

ムルムルバターの特徴

ムルムルバターは、ヤシの木の仲間であるムルムルの木からとれる種子から抽出された油脂です。バターという名前のように、常温では固体ですので、液体の「油」ではなく、「脂」つまり脂肪となります。同じヤシ科の植物であるココナッツオイルと性質が似ています。脂肪酸の構成もココナッツオイルと似ていますが、融点はココナッツオイルが22度なのに対してムルムルバターは33度です。

ムルムルバターの効果とは?

〇保湿効果・エイジングケア効果

ムルムルバターには、ビタミンAが豊富に含まれています。ビタミンAは、コラーゲンの生成を助けるなどエイジングケア効果の高い成分です。また、お肌を柔らかく保つエモリエント効果や保湿効果でお肌のうるおいをキープしてくれます。

〇抗炎症作用・抗最近作用

ムルムルバターは、炎症を抑えたり細菌を抑える働きがあります。お肌への浸透力も高いので毛穴を防ぐことなくお肌を保護することができます。

ムルムルバターで手作り石鹸

ムルムルバターを手作り石鹸として加えるとどのような効果があるのでしょうか?上記で述べたようなお肌へもとっても嬉しい効果がたくさんあるのですが、手作り石鹸んいとってもとて嬉しい効果がたくさんあります。

ムルムルバターは、ココナッツオイルと性質が似ていて、配合することで石鹸の泡立ちをとても良くしてくれます。植物オイルを凝縮させる手作り石鹸では、泡立ちをよくするオイルは欠かせません。ムルムルバターを加えることで保湿効果を保ちながらさっぱりと洗い上げることができます。入れすぎてしまうと、刺激が強くなってしまう可能性もあるので、オイルの総量の30%以下にするとよさそうです。

ムルムルバターで手作り石鹸を作るレシピ

それでは、ムルムルバターを使った手作り石鹸のレシピをご紹介します。

<材料>

オリーブオイル 200g

スイートアーモンドオイル 100g

マカダミアナッツオイル 100g

パーム油 80g

ムルムルバター 20g

苛性ソーダ 63g

精製水 150g

その他お好みの香料など

オイルは、お好きなもので構いませんが今回は定番のオリーブオイルに加えてスイートアーモンドオイルやマカダミアナッツオイルなど少し贅沢な配合にしてみました。

ムルムルバターは、33度で溶けてしまうため硬さをプラスするオイルも忘れずにいれてくださいね。作り方は、通常の手作り石鹸と同じでOKです。

ムルムルバターの活用法

もし、手作り石鹸でムルムルバターが余ったら…石鹸以外でもいろんな方法でつかうことができます。

〇ヘアオイル・スタイリング剤として

保湿効果が高く、乾燥しやすい髪のケアにもとても優れています。手に取ると体温ですーっと溶けていき浸透力も高いので使いやすいです。

〇ボディケアとして

一見、べたつきそうですがお肌にのばすとさらっとしてべたつきません。体温でなじんでいくので乾燥しやすいひじやかかとはもちろん、足全体にマッサージするようになじませたり、手持ちのボディローションに混ぜても良さそうです。

石鹸に加えてもそのまま使ってもOKの使い勝手の良いムルムルバター。まだ試してない方はぜひお試しください。

手作り石鹸  手作り石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA