フルーツの香りや見た目がかわいいフルーツを使った手作り石鹸

フルーツを使った石けんの作り方

手作り石鹸とフルーツ

手作り石鹸といえば、ハーブやお花の香りが多いのではないでしょうか?今回は、おいしそうなフルーツの香りやフルーツで可愛い見た目の手作り石鹸の作り方をご紹介します。

おすすめのフルーツの香り

みなさんはフルーツの香りは何がお好きですか?嗅ぐだけで幸せな気持ちになれるフルーツの香りですが、手作り石鹸ではアロマオイルなどを使用すると手軽に香り付けできます。おすすめの香りを紹介しますね。

〇レモングラス

爽やかな柑橘系の香りは、老若男女問わず好かれる香りです。泡立てると爽やかな香りがバスルームに広がりとても心地よいです。好き嫌いがあまりない香りなので、プレゼント用の石鹸としての香りにも良いかもしれません。

〇スイートオレンジ

レモングラスのような爽やかさはありつつも、甘さを少し足したようなみずみずしい香りです。思わず深呼吸したくなるようないい香りで、嗅ぐだけで前向きな気分になれそうです。

〇ストロベリー

かわいらしさナンバーワンのストロベリーの香りは女性にも喜ばれそうです!甘く可愛い香りなので、ケーキのような見た目の石鹸と相性がよさそうですね。

〇メロン

もっと甘い香りがお好きな方は、メロンがおすすめ!メロンシャーベットのようなあま~い香りでデザートを味わっているような気分になれちゃいますよ。

見た目もかわいいフルーツ石鹸

香りだけじゃなく、見た目でもフルーツを楽しみたいという方にお勧めのフルーツ石鹸をご紹介します。フルーツの果肉や果汁をそのままつかってしまうと、変色や劣化の原因になってしまう可能性があるので今回は皮などを、飾りに使う方法です。

〇レモン・オレンジの皮

いつもは捨ててしまうレモンやオレンジの皮は、洗ったのち、乾燥させます。細かくすりおろして石鹸の生地に混ぜ込んでもいいですが、薄くスライスして、石鹸の側面に皮が来るように固めても可愛いです。皮をプラスするだけで一気にナチュラルでおしゃれな印象になります。

〇葉っぱを上手に使って

オレンジや赤など、色付きの石鹸を好みのフルーツの形に作り、仕上げにミントなどのハーブを飾って固めてみましょう。本物そっくりなフルーツ石鹸の出来上がり。果汁などは入れることはできなくても香りでフルーツの香りを使ておけばとてもリアルにできます。葉っぱを飾るだけで一気に本物っぽく仕上がります。

フルーツ石鹸の注意点

フルーツ石鹸の注意点としては、柑橘系の香りは飛びやすい点です。レモングラスやオレンジは石鹸の熟成期間や保管期間にだんだんと薄くなっていってしまうこともあります。その場合、単品だけの香り付けでなく他の香りも一緒にいれておくことが大切です。

相性の良い香りを3つご紹介します。

〇ラベンダー

柑橘系のさわやかさを失わずとてもリラックス効果の高い石鹸になります。さっぱりとした香りが好きな方にはおすすめのブレンドです。

〇ゼラニウム

バラのような甘い香りですが、きつすぎないので柑橘系とも相性のよい香りです。少し甘さを足しつつ香らせてくれますよ。

〇ハッカ油、メントール

夏におすすめのとっても爽やかなブレンドです。清涼感も楽しめるのでボディソープとしてもおすすめです。

いろいろなフルーツ石鹸を楽しもう

いかがでしたか?いつもと違った石鹸を楽しみたいと思ったら、ぜひおすすめなフルーツ石鹸の紹介でした。ぜひお試しくださいね。

手作り石鹸  手作り石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA