ニキビ肌にオススメ!よもぎの手作り石けんを作ろう

エミューオイルの手作り石鹸

手作り石けんの魅力といえば無添加で肌に優しいことと、自分の肌の悩みにあった素材でせっけんを作れることです。様々な肌に良い素材から選んで自分にぴったりのものを作ってみましょう。肌トラブルの悩みで多いのが「ニキビ」ではないでしょうか。思春期の子はもちろん、大人になってもニキビは悩みの種です。そんなニキビ肌に効果抜群なのが「よもぎ石けん」です。よもぎでつくった石けんでニキビ肌からさよならしましょう。

ニキビ肌に効く!よもぎ石けんの効果とは

よもぎ石けんはニキビ肌に良いとされていますが、よもぎ石けんには他にどのような効果があるのでしょうか。

抗炎症、抗菌作用

よもぎ石けんには抗菌、抗炎症作用がありニキビ肌に効くと言われています。肌の炎症を抑え、菌を繁殖させないのでニキビもできにくく治りやすい肌に整えてくれます。市販の洗顔フォームだと殺菌効果が強すぎてピリピリしてしまう方にもよもぎ石けんならば優しい殺菌効果があるのでおすすめです。

保湿効果

よもぎ石けんには保湿効果もあり、お肌をしっとり柔らかく保ってくれます。乾燥しやすい冬の季節にもオススメできる石けんです。肌の乾燥は全ての肌トラブルのもとになるくらい深刻なものです。しっとりと潤うよもぎ石けんで肌の乾燥を防ぎましょう。

体臭予防

よもぎに含まれるクロロフィルは体臭予防によいとされている成分です。よもぎ石けんで体を洗うと気になる体臭も予防することができそうですね。加齢臭の気になるお父さんに作ってあげたら喜ばれるかもしれませんね。思春期の運動部の男の子に使ってもらうのも良いでしょう。

美肌効果

よもぎに含まれる成分、クロロフィルには美肌効果もあると言われています。ニキビを予防して美肌効果でツルツルピカピカの肌を目指しましょう。

よもぎ石けんを作ってみよう

肌に良い効果がたくさんあってニキビ肌には特にオススメのよもぎ石けんを自宅で作ってみましょう。よもぎ石けんの作り方をご紹介します。

【材料】

・ココナッツオイル・・・70g

・オリーブオイル・・・190g

・パームオイル・・・35g

・精製水・・・118g

・苛性ソーダ・・・38g

・スイートオレンジのエッセンシャルオイル・・・適量

・ローズマリーのエッセンシャルオイル・・・適量

【作り方】

①オイルを全て湯せんにかけながら混ぜます。

②精製水に苛性ソーダをゆっくり入れて混ぜ、苛性ソーダ水溶液を作ります。

③①のオイルと②の苛性ソーダ水溶液をそれぞれ湯せんで50度の同じ温度にしてから混ぜ合わせます。

④③をトレースがでるまで攪拌したら、よもぎパウダー、シアバター、エッセンシャルオイルを入れて混ぜます。

⑤④の石けん生地を型に流し入れ1日おきます。

⑥型から出してカットし1ヶ月ほど熟成させて完成です。

簡単に作れて肌に良いよもぎ石けん

よもぎ石けんは手作り石けんを作ったことのある方ならわりと簡単に作ろことができます。いつもの手作り石けんによもぎパウダーを混ぜるだけでよもぎ石けんが作れます。出来上がりはきれいなヨモギ色で素朴な雰囲気です。ナチュラル好きの方が好きそうな色合いです。ヨモギ色だけでは寂しいという方は着色してみたり、綺麗な色の他の手作り石けんを刻んで入れてみても良いですね。

手作り石鹸  手作り石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA