ニキビやシミなどのトラブル肌の方におすすめの黒なまこ石鹸とは

黒ナマコ石鹸でニキビとシミ対策

楽天市場のランキング5部門で1位を獲得した話題の商品が、長崎県大村湾内漁協から発売されている「黒なまこの石鹸」です。5部門とは、「石けん部門」「洗顔部門」「スキンケア部門」「美容・コスメ・香水部門」「総合ランキング」です。女性誌やTVでも取り上げられています。

「なまこ」と聞くと、気味が悪く臭い海の生き物を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。そのなまこが持つ肌への効果を見つけ出し石鹸作りを手掛けた会社があります。果たしてなまこが持つ肌への効果とは?
特に肌トラブルを抱える方にご紹介したい石鹸です。

黒なまこ石鹸が持つ美容効果とは?

黒なまこ石鹸にはナマコエキスがたっぷり含まれており、ナマコエキスには主に3つの美容成分が含まれています。

弾力肌成分

ハリと弾力肌をつくるにはコラーゲンが必須です。黒なまこのタンパク質には弾力肌成分であるコラーゲンがたっぷりと含まれています。

保湿とバリア成分

カサカサ肌には潤いが必要です。黒なまこには、保湿成分であるセラミドが含まれておりその潤い補給力は抜群です。潤いを補給するだけでなく、紫外線や細菌から肌を守る働きもあります。傷んだ肌を補修するだけでなく、予防効果もあるのは魅力ですね。

泡立ちと洗浄力

石鹸の泡立ちや洗浄力は石鹸選びの際に重要なポイントとなります。黒なまこには「サポニン」という天然成分が含まれており、これが泡立ちの良さを実現させています。
サポニンは、水に混ぜると泡立つ界面活性作用を持っています。石鹸のなかった時代には、サポニンを含む植物を石鹸代わりにしていたという記録があります。また、漢方薬や生薬にサポニンが含まれているものもあり、口に入れても安全という安心できる成分です。

ヒアルロン酸をはるかに超える保湿力

なまこに含まれる成分セラミドにより潤い補給能力があることをご紹介しましたが、その能力がどの程度であるか自社研究結果がHPに掲載しています。

実験方法

水に溶かしたナマコエキス10%(濃度)とヒアルロン酸10%(濃度)を乾燥下に設置し、20日間測定した水分残存率を調査しました。

実験結果

20日後の水分量を比較したところ、ナマコエキスは88%、ヒアルロン酸が78%という結果になりました。このことからヒアルロン酸よりナマコエキスに含まれるセラミドのほうが水分蒸発を抑制している(保湿力が強い)ことが証明されました。
インターネットで購入可能

黒なまこの石鹸は店頭には並んでいないので、インターネットを利用して購入します。HPから直接購入することもできますし、楽天市場から購入するころも可能です。

携帯用サイズ(50g)

黒なまこの石鹸を初めて使う方にはこちらのサイズをおすすめします。特にデリケートな肌の方はパッチテストをして問題なければしっかりと泡立てて使いましょう。

お徳用サイズ(110g)

洗顔用として利用した場合、平均して3~4ヶ月持ちます。(※個人差があります)そして泡立てネットが無料でついてくるところもうれしいポイントです。

まとめ

いかがでしたか?なまこ石鹸は、一般的な石鹸に比べて高価ですがその洗浄力と保湿力は他にはあまり見ない効果があります。特に肌のカサつきやデリケート肌にお悩みの方におすすめしたい石鹸です。

手作り石鹸  手作り石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA