デトックス効果のあるハーブ、エルダーブロッサム

sekken

石けんに入れる素材の中で、デトックス作用があるとして知られるハーブの一つにエルダーブロッサムフラワーがあります。あまり知られていないですが、シミやそばかすにも効果を発揮します。石けんへの使用方法は、ハーブティーでの水分の置き換えが一般的ですが、パウダー状にしてトレース後の石けん生地に混ぜたり、ハーブをオイルに浸したインフューズドオイルを石けんに利用するのもいいでしょう。注目ハーブのエルダーブロッサムフラワーですが、どのような効能があるのかご紹介していきます。

特徴

エルダーブロッサムフラワー(学名:サムバカス・リンガ)はヨーロッパや北アフリカ、西アジア原産のスイカヅラ科の植物で、高さ10mまで育つ高木です。風邪やインフルエンザ、花粉の症状を抑える効果があるとして知られています。乾燥させたものをハーブティーで飲むのが一般的です。含有成分は、精油やトリテルペン、フラボノイド、タンニン、ペクチン、ミネラル等になります。

効果や効能

体への効能は、インフルエンザや風邪に効果があると知られるとおり、発汗作用や利尿作用があるほか、体内の毒素を排出する解毒作用、去痰作用、抗ウイルス作用があります。このほかに血液循環作用や、消炎作用、抗アレルギー作用、鎮痙作用、抗感染作用、収斂作用、鬱滞除去作用、弛緩作用など多岐にわたります。肌への効能は、シミやそばかすの緩和です。

ハーブティーとしての飲用

手軽さもあり、ハーブティーとしての摂取が一般的で、甘みのあるクセのないフローラルな味で飲みやすいのが特徴です。ハーブティーは小さじ2杯分をお湯に入れ7分ほど蒸らしてから飲みます。他ハーブとのお勧めブレンドは、インフルエンザにはペパーミントとリンデン、花粉症にはネトル、ペパーミント、ローズヒップと一緒に飲用するのが効果的です。

使用の注意点

風邪をひいたときに効果を発揮するほか、その他の効能も多くあり、また飲みやすさからよく利用されますが、作用が強いため、妊娠中の摂取は控えた方がいいハーブの一つです。ハーブティーとしての飲用だけでなく、石けんでの使用も避けた方が良いでしょう。

石けんとしての使用法

石けんへの使用法は、最も一般的な摂取法のハーブティーを利用した水分の置き換えが手軽でお勧めです。アルコール分や乳製品での水分置き換えであれば、トレース後に後入れする必要があり、全水分量から差し引いたりと手間が掛かりますが、ハーブティーの場合は水分量の配分を考慮する必要もなく、全量を加えることができるため、手軽にできるオプションの一つです。

ハーブティーとしての水分置き換え以外での使用法は、エルダーブロッサムフラワーのハーブをパウダー状にしたものをオプショナル素材として、トレース後の石けん生地に加えることです。こちらもハーブを粉砕する機器さえ持っていれば、ハーブティーの水分置き換え同様、手軽にできる上に、鹸化反応中に温度が上がることで成分がしっかり石けんに行き渡ります。

このほかに、エルダーブロッサムフラワーのハーブをオイルに浸して作るインフューズドオイルもお勧めです。温浸出での抽出のほか、エタノールを使ったウルトラ抽出をしたインフューズドオイルを作り、主材料のオイルとして利用するのも良いでしょう。

手作り石鹸  手作り石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA