コールドプロセス製法で作られた石鹸の特徴とまとめ

コールドプロセス石けんの特徴

石鹸の製造方法は「ホットプロセス」とう釜炊きする方法と加熱せずに作る「コールドプロセス」という2つの製法に分かれます。加熱して作る石鹸と、加熱せずに作る石鹸とでは仕上がった石鹸にどのような違いが出てくるのでしょうか。

ホットプロセスとコールドプロセスの違い

ホットプロセス・コールドプロセス製法の違いと、コールドプロセスで作る石鹸のメリット・デメリットについてご紹介します。

ホットプロセスの作り方と特徴

ホットプロセスは一般的には「釜炊き鹸化法」と呼ばれ、昔ながらの石鹸製法のことをいいます。まず、釜の中に油脂を入れて加熱します。加熱した油脂を攪拌しているところに苛性ソーダを加えてさらに混ぜます。苛性ソーダを入れたことにより鹸化反応が起こり、石鹸が出来上がります。

加熱する製法の場合、火加減や鹸化の状態を判断する職人技が必要となります。大きな釜という設備が必要であり、職人の長年の知識や技術により石鹸のでき具合が変わってきます。
設備や職人の確保が難しいところですが、大きな釜で一気に炊き上げるので大量生産することができます。

コールドプロセスの作り方と特徴

コールドプロセスでは油脂と苛性ソーダ等の原料を混ぜ合わせ、その2つの成分の化学反応により発生する自然な熱を利用します。その後、自然乾燥により石鹸が完成します。自然乾燥には1~2ヶ月、または数年単位の期間を要することがあるため、大量生産には向かない製法です。しかし、コールドプレスで作られた石鹸は、保湿成分であるグリセリンがほとんど失われることがないので、顔や身体を洗浄する際にしっとりとした洗い上がりになります。

コールドプロセスで作るメリットとは?

ホットプロセス(釜炊き鹸化法)において、大量生産できることや昔ながらの伝統ある製法であり安心感を持てる点は大きなメリットですよね。
コールドプロセスにおいては、歴史は浅いものの保湿成分がしっかりと残る点は大きな魅力です。

では、他にどのようなメリットがあるのでしょうか?

自宅で簡単に作ることができる

釜を用意したり、火加減や鹸化状態の判断は個人では難しいですよね。しかし、コールドプロセスという手法を使えば、材料と大きめのボールさえあれば簡単に作ることができます。

熱による成分ダメージが少ない

ホットプロセスで石鹸作りをすると、その高温の熱により原材料に含まれる良質な成分にダメージを与えてしまいます。それに比べてコールドプレスは化学反応熱のみの熱発生だけなので、原材料が持つ成分をそのまま残すことが可能となります。

成分の組み合わせが自由

熱に弱い美肌成分も配合することが可能になります。オリーブオイルやココナッツオイルなど、好みの油脂を使うことができ、手作りの際にも原材料を選ぶ幅が広がります。

コールドプロセスで作るデメリットとは?

手作りしたい方には、簡単に楽しく作ることができる手法ですが、デメリットもあります。

泡立ちがよくない

泡立ちを良くするための添加剤を入れていないので、泡立ちはあまりよくありません。ただし、石鹸用の泡だてネットを使うことで、キメ細かい泡を作ることはできます。濃厚な泡を作ることができ、泡切れも素早いので洗い上がりもさっぱり、かつしっとりします。

大量生産できない

手作り石鹸を作って、ネットやマーケット等で販売したいと考えている方もいるでしょう。しかし、時間と手間がかかる上、大量に生産できないので受注を受けてもすぐにお届けできない場合も出てきます。

コストパフォーマンスがよくない

特に、材料にオーガニックのものを使用したり天然アロマオイルを使用した場合、使用期限が限られてしまうため、腐ってしまったり変色してしまったものは破棄します。せっかく手間と時間をかけて作ったのに、使える期間が短いのはデメリットの一つでしょう。

手作り石鹸  手作り石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA