アンチエイジングにも!紅花手作り石鹸の効果と作り方

紅花油とは紅花の種子から採れる油のことです。料理などに食品として使用することの多い紅花油ですが、最近は化粧品にも紅花油が配合されたものが出てきています。化粧品として使用して肌に良い効果をもたらすだけではなく、食品として摂取しても体に良い効果のある紅花油。もちろん手作り石鹸に使用しても高い美肌効果やアンチエイジング効果を発揮してくれます。

紅花油の特徴

紅花油には成分の2異なる種類のタイプがあります。紅花油に含まれる脂肪酸のうちの70パーセントがリノール酸のものが一般的でした。リノール酸は体に良いので摂取が勧められていた成分なのですが、過剰に摂取すると心筋梗塞やガンなどを誘発する危険性がわかってきました。そのため最近の紅花油はリノール酸よりもオレイン酸が多くなるように新種改良されている「ハイオレックタイプ」と言うものが多くなっています。

紅花油の効果や効能とは

ハイオレックタイプの紅花油にはビタミンEとオレイン酸が豊富です。ビタミンEは血行をよくする作用があり冷え性が改善すると言う嬉しい効果があります。また、ビタミンEは抗酸化作用があり若返りのビタミンとも言われていてアンチエイジング効果も期待できます。紅花油に多く含まれるオレイン酸は胃酸の分泌を正常にしてくれる働きがあります。胃酸過多や胃潰瘍などで悩んでいる場合には紅花油は有効です。また腸内環境を整えてくれるので便秘の予防や改善にも効果的です。オレイン酸とリノール酸には悪玉コレステロールを減らしてくれるhたら気があります。コレステロールが高いことで引き起こされる様々な病気の予防にも役立ってくれます。

化粧品としての紅花油の効果とは

紅花油が食品としてはとても良い効果がたくさんあることがわかりました。それでは化粧品として肌に浸透させた場合はどのような効果があるのでしょうか。乾燥は美肌の大敵ですよね。化粧品には保湿効果を求める方も多いでしょう。紅花油入りの化粧品は保湿を肌に行き渡らせる効果があります。使い心地はさらっとしているのでベタベタして気持ち悪いこともありません。紅花油に含まれるオレイン酸は酸化作用が非常に強い脂肪酸です。酸化を防止するということはシミやシワなど老化現象を防ぐということ。紅花油入りの化粧品はアンチエイジングにも期待大です。

肌に良い紅花油で手作り石鹸を作ろう

食べてよし化粧品にしてもよしの紅花油で手作り石鹸を作ってみましょう。紅花油は手作り石鹸にしてもその効果を発揮してくれます。紅花油で手作り石鹸を作る際のレシピをご紹介します。

【材料】

・紅花油・・・300g

・ココナッツオイル・・・150g

・苛性ソーダ・・・80g

・精製水・・・200cc

お好みで精油などで香りづけしてください。

【作り方】

①材料はきっちり測ります。

②耐熱容器に精製水と苛性ソーダを入れて混ぜます。(熱くなるので注意してください)

③②の液を容器ごと冷水につけて40度くらいまで冷まします。

④ココナッツオイルと紅花油を湯煎にかけて温めながら混ぜます。(40度くらいまで)

⑤③の液と④のオイルを混ぜ合わせます。泡立て器でトレース(文字を書いて跡が残るくらいの硬さ)ができるまで混ぜます。

⑥トレースができたら型に流し入れ1日おいて固めます。

⑦固まったら型から出して切り分けて乾燥させて完成です。

紅花手作り石鹸でアンチエイジング

紅花油を使って肌の潤いを守ってシワやシミにも効果のあるアンチエイジング石鹸を作ってみてください。

手作り石鹸  手作り石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA