みかんの皮を使ったオレンジ石鹸の使い方アイデア

未完の皮を使ったオレンジ石鹸の効果的な使い方

いつも捨ててしまうみかんの皮の驚くべき効果

いつも捨ててしまうみかんの皮ですが、実はすごい効果があるということをご存知でしょうか?みかんの皮を乾燥させたものは、中国では「陳皮(チンピ)」と呼ばれ漢方としても大変有名です。身近なところだと、七味唐辛子の中にも含まれており血流をよくしたり、風邪の予防になったりと様々な健康効果があります。

そんな体にとっても良いみかんの皮ですが、なかなか日常生活でみかんの皮を食事で摂取するのは難しいですよね?実は、違う方法でみかんの皮を捨てずに有効活用する方法があるのです。

それが、手作り石鹸です。

みかんの皮で手作り石鹸

みかんの皮で手作り石鹸と言われてもなんだかぴんとこないかもしれません。実は、みかんの皮に含まれるクエン酸は、石鹸汚れや油汚れなどのアルカリ性の汚れを落とす効果があります。また、除菌、消臭効果もありお掃除にはもってこいの成分なのです。

よく、食器洗い洗剤でも「オレンジエキス配合」というものも売られていたりしますが、まさにオレンジパワーで頑固な汚れも落ちやすくすることができます。

みかんの皮を使ったオレンジ石鹸の作り方

今回は、シンプルなレシピでみかんの皮をたっぷり使ったレシピをご紹介します。もちろん、全身に使用できますが泡立ちは少なめになるのでキッチン回りのお掃除用・手洗い用としてもおすすめですよ。

<材料>

・みかんの皮(汚れなどが気になるときはよく洗い天日干しし、フードプロセッサーなどで細かく砕いておく) 大さじ1 またはお好みの量

・オリーブオイル500g

・精製水175g
・苛性ソーダ60.3g

オイルは、オリーブオイルでなくても500g分用意すればOKです。泡立ちを良くしたい場合は、ココナッツオイルをオイルの総量の3割までの量で加えましょう。

<作り方>

いつも通りの手作り石鹸の方法で、苛性ソーダ水とオイルを混ぜ、トレースがでたらみかんの皮を混ぜる。エッセンシャルオイルでもオレンジの香りづけをするとさらにオレンジ石鹸の良さが引き立ちます。

オレンジ石鹸の使い方

オレンジの皮を贅沢に配合したオレンジ石鹸。

全身に使えば、皮脂汚れをすっきり落とすことができます。オレンジの香りはストレスを軽減したり認知症をよぼうする効果もあると言われており使うたびにリラックスできるのでお勧めです。

また、オレンジの皮を砕いて入れているので見た目もとってもオシャレで可愛いです。少しボコッとした皮の質感が手作り感やナチュラル感を出してくれ、味のある石鹸になりますよ!泡立ちを良くしたい場合は泡立ちをよくするオイルを加えればしっかりと泡立ちますのでチャレンジしてみてくださいね。

そして、もう一つのおすすめの使い方がキッチン回りのお掃除用としてです。油汚れの気になる、コンロ・壁・作業台などもこれを使えばすっきりと汚れを落とすことができオレンジの香りでリフレッシュできます。また、抗菌作用もあるのでキッチンを清潔に保つこともできます。もちろん、キッチンだけでなくお風呂場などにも使用可能です。

お掃除用に使う場合は、泡立ちはかえって少ないほうが使いやすいという意見もあります。ベースは植物オイルなので手肌にも優しく、洗剤の使い過ぎで手荒れが気になる方にもおすすめです。ぜひ、お試しください。

手作り石鹸  手作り石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA