ぐっすり安眠体質に!疲れた体に癒しを与えてくれるローズマリーの効果!

sekken

暑い日が連日続き、なかなか疲れがとれなかったり、寝付きが悪くて次の日も朝から疲れている…。そんな経験がある方はたくさんいらっしゃると思います。

朝早くから夜遅くまで仕事の毎日…家事や育児に追われて自分の時間を持てずに、疲れた体をそのままにしてしまっていませんか?

そんな疲れきった体に最高の癒しを与えてくれる、ローズマリーの効果についてお伝えします

そもそもローズマリーとは?

ローズマリーは、もともとは地中海沿岸が原産地の植物で、よく料理などに使用されます。そんなローズマリーの精油はロスマリン油と呼ばれ、皮膚病の治療にも使用されていました。

ローズマリーの別名は、メイテツコウ(迷迭香)とも呼ばれています。そんなローズマリーは、私たちの体にどんな効果を齎せてくれるのでしょうか?

ローズマリーの効果とは?

ローズマリーはハーブの中でも上位に君臨するほど、美しい花を咲かせます。その葉には、ジテルベンという成分が含まれており、老化を防ぐ働きがあるといわれています。また、カルノシン酸という成分が、動脈硬化の防止や、体の錆び付きを防止してくれるともいわれています。

そしてローズマリーの花の香りには、精神の安定を促してくれます。頭をすっきりとさせてくれて、集中力や記憶力をアップさせてくれる効果も期待できます。しかも、気分を晴れやかにしてくれて、神経の調和にもいいといわれています。驚きですね。

これほどまでに、素晴らしい働きをしてくれるローズマリーですが、では自宅で使用するにはどうすればいいのでしょうか?料理に使用することはできても、肌にはどうやって…?

そこで、自宅で簡単にローズマリーを使用する方法をお伝えします。

ハンドメイドソープを作ろう!

まず用意するものは、

・ローズマリーの葉

・お湯

・市販の固形ソープ(原材料が石鹸素地、水のみのもの)

・ローズマリーの精油

・ビニール手袋

・型(クッキーの型などでも可)

まず、ビニール手袋をつけ、固形ソープをおろし金などで擦ります。そして、湯銭で溶かしていきます。その時、湯銭の温度は45度くらいがオススメです。

溶けたソープにローズマリーの精油を入れていきます。香りが強いのがお好きな方なら少し多めに、ほんのり香るくらいがお好みなら、少し少なめに入れて下さい。ただし、濃度を調節していない精油を使うのは安全ではない為、購入の際にお店の方などに聞いてみて下さい。特に、妊婦の方や高血圧の方、てんかんをお持ちの方はお控え下さい。

そして型に流し込み、固まったら完成です!その日のうちに固まれば、早速使用してもOKですとっても簡単ですね!

こんなに簡単にできるローズマリーソープですが、いくつか注意する点もあります。

注意する点とは?

・乾燥させる際に、暑い夏場などは特に、放置しすぎるとカビが生えてきてしまうこともありますので、チェックして下さい。

・精油の濃度が調整されていないものの使用は避ける。特に、妊婦の方や高血圧の方、てんかんをお持ちの方は使用をお避け下さい。

・固形ソープは、原材料が石鹸素地、水のみのものを使用して下さい。

購入する際に、気を付けて下さいね!

いかがでしたか?

注意する点だけ気をつければ、こんなに簡単にハンドメイドソープを作ることができます。

お店で買うと高い…もったいなくて毎日は使えない…そんな方でも、自宅で簡単に、尚且つお財布にも優しく、自分好みのソープを作ることができます。

自分の体に耳を傾けて、毎日の疲れやイライラを取り去り、質の良い睡眠でスッキリした毎日を送りましょう

手作り石鹸  手作り石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA