くすみケア、美肌、ダイエット…綺麗の近道は塩にあった!

sekken

塩の持つ効果についてです。私たちが普段何気なく使っているお塩。なんなら生活に欠かせないアイテムといってもいいほどですよね。お肉につけて食べると甘味が増して、より美味しくなりますし、隠し味に使われることはとても多いです。

そんな当たり前のようにあるお塩には、どんな効果が隠されているのでしょうか?

塩の種類とその効果

日本で塩が使われるようになったのは、なんと縄文時代から弥生時代にかけてと言われています。そんな昔からあったなんて驚きです。

塩は大きく分けて、3種類から成り立っています。岩塩、天日塩、せんごう塩の3種類です。

岩塩は、地中の奥深くから取り出されており、そのまま食すことはせずに、色んな工程を繰り返すことで食べられる塩になります。

次に天日塩は、海水を蒸発させて作ったものです。塩といえば、この生産の仕方がイメージ強いと思いますが、なんとこの天日塩はすべて輸入なのだとか。よく業務用で売られている塩がこちらに値します。

最後に、せんごう塩は釜で炊いて塩を取り出すという方法です。日本で作られる塩は、すべてこのせんごう塩です。地形の関係などから、岩塩や天日塩は作ることができないので、こちらの塩のみとなります。

では、どんな塩を使えば美容効果がよりアップするのでしょうか?

ダイエットや美容にオススメの塩とは?

スーパーなどでよく目にする”食塩”と書かれているものは、あまり効果が期待できません。なぜなら、食塩にはほとんど塩化ナトリウムしか入っていないからです。しかし、”自然塩”には塩化ナトリウムの他にも、にがりなどの体にいいとされる成分が豊富に含まれています。

近年、生活習慣病や塩分の過剰摂取という言葉をよく耳にしますが、その際に使用されている塩は、”食塩”のことを指しています。

自然塩を肌に使用すると、余分な汚れを取り除いてくれるピーリング効果が期待されます。その他にも、毛穴の掃除やニキビ予防などのもオススメです。しかし、あまり強くこすりすぎると、逆に肌を痛めてしまいますので、やりすぎないように気を付けて下さい。

もうひとつオススメなのが、塩入り湯船での半身浴です。自然塩はデトックス効果や美肌効果、むくみや疲れのケアにもオススメです。塩を使うことで、体内の有害物質を外に出そうとしてくれる働きがあります。汗をかいた時は塩分を摂取するといい!と聞いたことがあると思いますが、体内の塩分が外に出ていく際、有害物質を一緒に出してくれるので、デトックス効果やむくみケアにもオススメなのです。しかし、上記でもお伝えしたように、”食塩”では効果が期待されません。お店などで”自然塩”がどれなのかわからない時は、お店の人に聞いてみて下さい。

よし、じゃあ今日から塩を湯船に入れて使ってみよう!と思っても、家族や他の人と一緒に暮らしている方は、ちょっと抵抗があったりしますよね。もし、風呂水を洗濯に使っている方だと尚更抵抗がありますよね。しかも、塩でスクラブをしようと思ってお風呂場に置いておくのもなんだか…と思ってしまいますし、市販のアイテムだと何が入っているのかわからなかったり、お金もかかってしまいます。

そんな時にオススメのアイテムを最後にご紹介させていただきます。

コスパよし!安心!しかも誰にも気を使わず使用できるアイテムとは?

市販のものは実際使ってみないと、自分に合うかどうかわからない…かといって、塩を直接肌に使うなんて怖くてできない!と思う方もいらっしゃると思います。そんな時は、自宅で簡単に作れるハンドメイドソープがオススメです。

え!石鹸を自分で作れるの?と思ってしまいますが、とっても簡単に作ることできます。近年、ハンドメイドアイテムがかなり流行しています。安心、かつコスパもいい、自分好みに作ることができるのでとてもオススメです。

ソルトソープを1個持っていれば、全身くまなくケアすることができます。関節の黒ずみ、お尻ケア、くすみ、毛穴など、本当に万能アイテムです。自分の肌を触ってみてざらざらしているなら、是非このソルトソープを試してみて下さい。

ハンドメイドソープの作り方は、別記事でお伝えしていますので、そちらを参考にしてみて下さい。

みんなが触りたくなるような、透明感溢れる美肌美人になりましょう

手作り石鹸  手作り石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA